LPレコード 輸入盤

Portrait In Jazz (+CD)(180グラム重量盤レコード/GROOVE REPLICA)

Bill Evans (piano) (ビル・エヴァンス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GR77035
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
CD付き,輸入盤

商品説明

180g重量盤、紙ジャケCD付きの超豪華仕様!!付属のCDはアルバムフル収録、ボートラ6曲、書下ろしライナー付き!!

★オリジナル盤はジャズ ・ ピアノ ・トリオ史上における世紀の大名盤。スコット・ラファロ、ポール ・ モチアンとの黄金のトリオによる初のスタジオ録音作品としても名高いが、本バージョンは同セッションからオリジナル盤未収録のボーナストラックを1曲収録。
★付属の CDも、紙ジャケ・アルバムフル収録・ボーナストラック6 曲収録・書下ろしライナー付き、とこちらも豪華な内容。

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Come Rain Or Come Shine 3:23
  • 02. Autumn Leaves 6:00
  • 03. Witchcraft 4:34
  • 04. When I Fall In Love 4:57
  • 05. Peri’s Scope 3:16
  • 06. What Is This Thing Called Love? 4:37
  • 07. Spring Is Here 5:08
  • 08. Some Day My Prince Will Come 4:56
  • 09. Blue In Green 5:27
  • 10. Blue In Green [Alt Tk] 4:30* (Bonus Track)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
もう一つの名盤です。ジャケはちょっとオタ...

投稿日:2021/07/08 (木)

もう一つの名盤です。ジャケはちょっとオタクっぽいけど、「枯葉」も入ってるし、取っつきやすいんじゃないかと思います。モードって、ある意味、それまでのジャズの語法からいえば新しかったのかもしれませんが、今となっては、ごく自然な音楽として、特に新しさは感じません。だからこそ偉大なのかも。

どん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
枯葉が聴きたくてついかけてしまう名盤。キ...

投稿日:2021/03/03 (水)

枯葉が聴きたくてついかけてしまう名盤。キャノンボール・アダレイのサムシング・エルスの枯葉に対して、後出しでこのトリオによる枯葉を収録するのは痺れる展開だと思う。後のエクスプロレイションズやヴィレッジヴァンガードの2作品と比べるとピアノの音質は良いとは言えないが、このアルバムの評価を下げる程の影響はない。

てのりくじら さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
このアルバムの「枯葉」を聴くと、失恋した...

投稿日:2008/08/02 (土)

このアルバムの「枯葉」を聴くと、失恋した時のようにすごく心が痛くなります。エヴァンスが泣きながらピアノを弾いているような気がしてしょうがない。名演です。

Liam さん | japan | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bill Evans (piano)

William John Evans こと Bill Evansは、大恐慌が勃発した1929年8月16日、ニュージャージー州、プレインフィールドに生まれている。長じてビルは奨学金で南ルイジアナ大学に入学している。

プロフィール詳細へ

Bill Evans (piano)に関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品