CD 輸入盤

Paris Concert Edition Two

Bill Evans (piano) (ビル・エヴァンス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5286732
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
オリジナル盤発売年
:
1983
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1979年11月26日、パリで録音された、後期ビル・エヴァンス・トリオにおける最高傑作の一枚。マーク・ジョンソン〜ジョー・ラバーベラとのトリオは、かつてのスコット・ラファロ〜ポール・モチアンとのトリオに匹敵する高い音楽性と、彼らにはなかったこの時代に対するモダニティを兼ね備えた、エヴァンスが持ったトリオの中でも屈指のグループだった。本作はそのコンサートの中から比較的長尺の6曲を収録した第2弾。

収録曲   

  • 01. Re: Person I Knew
  • 02. Gary's Theme
  • 03. Letter To Evan
  • 04. 34 Skidoo
  • 05. Laurie
  • 06. Nardis
  • 07. Interview

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
edition oneがラフマニノフの組曲のような...

投稿日:2008/09/16 (火)

edition oneがラフマニノフの組曲のような、濃淡の薄紫の絵の具のにじみのような水彩画だとすれば、edition tw oは自作曲を新鮮なアレンジで、広がりを感じさせ、LAUR IEで愛人への愛を深く歌い上げ、NARDISでさらに曲の持っている音世界を押し広げ、聞きいる人々を起伏がありつつも、遠くを見通せる山水画の世界へ導いてくれます。ラバ ーベラもNARDISも始め馴染めず、否定なさる方もいらっし ゃるでしょうが、ドラムの強 弱も、テンポも、ソロの掛け合いもファーストトリオの頃 から、EVANSは実験していたそうです。何度もくり返し聞いてい

リリックブルー さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
ノイズ云々というコメントがあるが、聞こえ...

投稿日:2008/02/10 (日)

ノイズ云々というコメントがあるが、聞こえない。プレーヤーのせいではないか。非常に美しくテンションの高い演奏が繰り広げられている。ドラムは確かに少し単調だがそんなことは大したことではない。あまりに素晴しく、鳥肌が立つ。静謐な演奏が特に素晴しい。付言すると、ラバーバラはモレルよりはよい、という程度のドラマーでしかない。この時点では。しかしこの後ジョンソンと共に成長をしてゆく。エヴァンスのグループとはそういうものだ。文句なしの名演。

bubyuki さん | tokyo | 不明

1
★
★
★
★
☆
79年11月ステレオ録音。24Bit/96kHzリマス...

投稿日:2003/12/29 (月)

79年11月ステレオ録音。24Bit/96kHzリマスター方式を使ったのに耳ざわりなノイズが目立つのが残念(Edition Oneも)。内容は、60年前半のエヴァンスほどではないが良い。“Nardis”のドラムス・ソロがやや単調なのが残念。

廉価盤しか買わない男 さん | 東京 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bill Evans (piano)

William John Evans こと Bill Evansは、大恐慌が勃発した1929年8月16日、ニュージャージー州、プレインフィールドに生まれている。長じてビルは奨学金で南ルイジアナ大学に入学している。

プロフィール詳細へ

Bill Evans (piano)に関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品