CD 輸入盤

Primeiras Andancas: Os 10 Primeiro Anos

Beth Carvalho (ベッチカルヴァーリョ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DBOX01
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Brazil
フォーマット
:
CD
その他
:
ボックスコレクション, コレクション,輸入盤

商品説明

ブラジル音楽史に輝かしい足跡を残す、名実共にサンバの女王、ベッチ・カルヴァーリョ。
彼女の70年代TAPECARレーベル作品、そしてソロ・デビュー前のEP/他作収録音源まで、
キャリア初期10年のレコーディングを収録したマニア垂涎のコレクターズ・ボックスが
全CD5枚組でリリース。


ベッチ・カルヴァーリョ。日本でもサンバの女王として早くカら注目され、黄金時代と言われた70年代RCAの名作が日本でもCD化されるなど、長くファンの間で崇高な存在として認められていることはもはや説明不要。現在でも精力的に活躍し、後進の尊敬を集めつつサンバ振興に多大な影響力を及ぼしている。本作は、キャリア初期音源をデビューから10年という区切りで5枚のCDに収められた、世界のベッチ・カルヴァーリョ・ファン待望のコレクターズ・アイテムである。

メイン・コンテンツとなる3枚は、コアなサンバ・ファンの間ではベッチ最良期と言われる70年代前半のTAPECARレーベルに残されたオリジナル・アルバム3種のリイシュー。3作とも何度かCD化されたこともあるが、現在は廃盤となっているためファンにも嬉しい復刻だ。「CANTO POR UM NOVO DIA」(1973年)は、アフロ・ルーツ・サンバへの敬意が、名手セザール・カマルゴ・マリアーノのアレンジをアクセントに表現された出世作。 続く74年の「PRA CEU GOVERNO」は、タペカール3部作中でもサンバの心意気を最も力強く表現した傑作と言われ、後のパゴーヂ・ムーヴメントの牽引者達がこぞってバイブルと挙げる逸品。75年の4thアルバム「PANDEIRO E VIOLA」は、サンバの象徴的な楽器をモチーフにしたタイトル曲をはじめディープなサンバ・コミュニティの名曲を、サンバのリアルなプロ演奏家を従えて綴った名盤。いずれも、この後のRCA時代のヒット作「すばらきい世界」「人生は居酒屋」「私の道」へと続く布石となった。

以上の3枚のオリジナル・アルバムの他、残る2CDには、初レコーディングとなる1965年以降の珍しいEPオンリーの音源や他アーティスト作や、当時活況を呈していた様々なフェスティヴァルなとオリジナル企画アルバムへの出演テイクのみをまとめて収録したレア・トラック集。時期としては、ソロ・デビュー前にアントニオ・アドルフォ率いるソフト・ロック/ボサ・ユニット『コンジュント3-D』の看板歌手として人気を集めた初々しい頃と重なる点でも興味深い。1969年オデオンからの1stアルバムのタイトル・トラックにもなったダニロ・カイーミ珠玉の名曲「ANDANCA」、エドゥ・ロボの「PONTEIO」、マルコス・ヴァーリの傑作「ヴィオラ・エンルアラーダ」といった、時代を反映したカバーから、パウリーニョ・ダ・ヴィオラの出世作「Foi um Rio que Passou em Minha Vida」や、サンバ復興の礎となった名曲「Rosa de Ouro」の当時のライブ・テイクなど、サンビスタへの階段を登り始めた時期の貴重なトラックも含まれている。

ベッチ・カルヴァーリョというサンビスタの歴史を辿る不滅の遺産として、後世に残すべく手元に置きたい、全ブラジル音楽ファン必携のアイテムとして強力レコメンド。

※ブラジル直輸入盤の為、外箱に若干のダメージがある場合がございます。あらかじめご了承ください。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ”CANTO POR UM NOVO DIA”(TAPECAR 1973)

ディスク   2

  • 01. ”PRA CEU GOVERNO” (TAPECAR 1974)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ブラジル に関連する商品情報

おすすめの商品