CD 輸入盤

Gone With Golson

Benny Golson (ベニー・ゴルソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1850
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Canada
オリジナル盤発売年
:
1974
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ニュージャズに録音されたゴルソンの作品の中でも、“枯葉”以外の収録曲からは馴染みない作品だが、内容的にはゴルソンが最も乗っていた時期のプレイを収めたアルバム。

 カーティス・フラーとの2管のバランスも抜群でこの時期のサウンドが今日にいたるまで、ゴルソンの音楽の根底を支えていることが分かる。

 レイ・ブライアントも1959年6月20日という、最も脂の乗り切った時期だけにブルース・フィーリング溢れる演奏を展開している。

収録曲   

  • 01. Staccato Swing (04:49)
  • 02. Autumn Leaves (06:48)
  • 03. Soul Me (06:37)
  • 04. Blues After Dark (08:37)
  • 05. Jam For Bobbie (09:21)
  • 06. Bit Of Heaven (04:21)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Benny Golson

1929年1月米国フィラデルフィア生まれ。9歳でピアノを始め、14歳の時サックスに転向。53年よりタッド・ダメロン・グループやディジー・ガレスピー楽団などでテナー奏者として活躍し、58年にアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの一員となる。この時に作・編曲家としての才能を開花させ「アイ・リメンバー・ク

プロフィール詳細へ

Benny Golsonに関連するトピックス

  • ゴルゾン=フラーの2ホーン・クインテットが高音質盤で登場 1959年に録音されたハードバップ黄金期の傑作。ブレイキー、レイ、ポールと再度を固めるメンツも大御所揃い。「I Didn't Know What Time It Was」や「Yesterdays」など収録。決して派手さはないが優雅で渋いゴルゾン節が堪能できる傑作。 HMV&BOOKS online|2017年10月22日 (日) 17:50
  • ジャズ黄金時代のスウィングをリヴァイヴ!ゴルソン貫禄のワンホーン新作 まもなく87歳を迎える大ベテラン・テナー、ベニー・ゴルソン。マイク・ルドーン(p)、バスター・ウィリアムス(b)、カール・アレン(ds)という申し分ないピアノトリオを率いたワンホーン新作完成!50〜60年代のハードバップの粋を現代に蘇らせるスウィンギーな4ビート、極上バラードの数々。 HMV&BOOKS online|2016年04月26日 (火) 21:40

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品