CD 輸入盤

ベートーヴェン:交響曲第7番、シューマン:同第2番 シューリヒト&シュトゥットガルト放送響

Beethoven / Schumann

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
93141
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

・ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 op.92
 カール・シューリヒト(指揮)シュトゥットガルト放送交響楽団
 1952年10月24日ヴァルトハイム・ライヴ(モノラル)

・シューマン:交響曲第2番ハ長調 op.61
 カール・シューリヒト(指揮)シュトゥットガルト放送交響楽団
 1959年10月31日放送セッション(モノラル)

正規盤初出

収録曲   

  • 01. Symphony no 7 in A major, Op. 92
  • 02. Symphony no 7 in A major, Op. 92
  • 03. Symphony no 7 in A major, Op. 92
  • 04. Symphony no 7 in A major, Op. 92
  • 05. Symphony no 2 in C major, Op. 61
  • 06. Symphony no 2 in C major, Op. 61
  • 07. Symphony no 2 in C major, Op. 61
  • 08. Symphony no 2 in C major, Op. 61

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ベートーヴェンが実によい!活力にあふれ、...

投稿日:2011/06/21 (火)

ベートーヴェンが実によい!活力にあふれ、音楽が躍動している。変な形でメディアに使われ(某ドラマのことを言っている)、何やら俗っぽいイメージに堕してしまった感があるこの交響曲、こうした名演で聴くと、あらためて清新の気に満ちた名曲だなあと思わせる。大いに満足。シューマンも名演。各楽章は、特徴を描き分けるよりかはむしろ同じ気分が継続しているような、やや暗めのトーンだが、それもこの曲では悪くない。腹に一物、という感じのシューマンで、いかにもそれらしくて面白い演奏。録音は年代を感じさせない優秀なもの。特にベートーヴェンでは、ステレオではないだけで、最新録音的な鮮度と迫力を持っている見事なもの。この名演を楽しむには何の不足もなし。もちろん、ノイズもありませんよ。シューリヒトさん、やっぱり偉大な指揮者でした。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
シューマンの2番が超名演。シューマンの狂...

投稿日:2010/01/20 (水)

シューマンの2番が超名演。シューマンの狂気をこれほどまで表した第2番の演奏は、他にチェリビダッケ盤しか知らない。曲は、希望と絶望、幻想と夢想の中を激しく行き来する。録音もたいへん良く聴き易い。

マラ3マニア さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
シューマンの2番が素晴らしい。シューリヒ...

投稿日:2009/05/12 (火)

シューマンの2番が素晴らしい。シューリヒトがパリ管と50年代初めに録音したものを長らく愛聴してきたが、このシュツットガルトとの演奏は、音質が断然良く、基本的に演奏スタイルが一緒なのでこちらを多く聴くこととなるだろう。わずか数年しか違わないのにこの音質の違いには驚かされる。

arabandaluz さん | 山梨県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品