CD 輸入盤

Transmissions 1964-1965 (2CD)

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
21309
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1964〜65年に放送されたFMラジオやテレビ放送用の音源を収録したコレクターズアイテム。

CD1には、1964年1月7日(一部63年12月17日)、64年3月31日英BBC「サタデイ・クラブ」、64年2月28日、5月1日、7月17日英BBC「フロム・アス・トゥ・ユー」(当時ビートルズがレギュラー出演していたラジオ番組)を収録。

CD2には、65年5月26日英BBC「ザ・ビートルズ・インヴァイト・ユー・トゥ・テイク・ア・ティケット・トゥ・ライド」、64年2月9日、2月16日、2月23日、9月12日米CBS「エド・サリヴァン・ショー」を収録。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ALL MY LOVING
  • 02. MONEY
  • 03. THE HIPPY HIPPY SHAKE
  • 04. I WANT TO HOLD YOUR HAND
  • 05. ROLL OVER BEETHOVEN
  • 06. I WANNA BE YOUR MAN
  • 07. YOU CAN'T DO THAT
  • 08. PLEASE MR. POSTMAN
  • 09. THIS BOY
  • 10. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY
  • 11. I CALL YOUR NAME
  • 12. YOU CAN'T DO THAT
  • 13. CAN'T BUY ME LOVE
  • 14. SURE TO FALL
  • 15. LONG TALL SALLY
  • 16. I SAW HER STANDING THERE
  • 17. KANSAS CITY/HEY HEY HEY HEY
  • 18. YOU CAN'T DO THAT
  • 19. SURE TO FALL
  • 20. CAN'T BUY ME LOVE
  • 21. MATCHBOX
  • 22. HONEY DON'T
  • 23. LONG TALL SALLY
  • 24. IF I FELL
  • 25. I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU
  • 26. THINGS WE SAID TODAY
  • 27. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER
  • 28. BOYS
  • 29. KANSAS CITY/HEY HEY HEY HEY
  • 30. A HARD DAY'S NIGHT

ディスク   2

  • 01. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY
  • 02. I'M A LOSER
  • 03. THE NIGHT BEFORE
  • 04. HONEY DON'T
  • 05. SHE'S A WOMAN
  • 06. INTRO/ALL MY LOVING
  • 07. TILL THERE WAS YOU
  • 08. SHE LOVES YOU
  • 09. INTRO/I SAW HER STANDING THERE
  • 10. I WANT TO HOLD YOUR HAND
  • 11. SHE LOVES YOU
  • 12. THIS BOY
  • 13. ALL MY LOVING
  • 14. I SAW HER STANDING THERE
  • 15. FROM ME TO YOU
  • 16. I WANT TO HOLD YOUR HAND
  • 17. INTRO/TWIST AND SHOUT
  • 18. PLEASE PLEASE ME
  • 19. I WANT TO HOLD YOUR HAND
  • 20. I FEEL FINE
  • 21. I'M DOWN
  • 22. ACT NATURALLY
  • 23. TICKET TO RIDE
  • 24. YESTERDAY
  • 25. HELP

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品