SHM-CD

Beatles (White Album)【スーパーデラックスエディション】(SHM-CD 6枚組+ブルーレイ)

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY78856
組み枚数
:
7
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
価格限定盤, Blu-ray Disc付き, デラックスエディション

商品説明

昨年リリースされ世界中に大きな反響を巻き起こした『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に続き、今年は1968年11月22日に発表された『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』の50周年記念エディションが、6CD+Blu-rayのスーパー・デラックス盤で登場!

各メンバーの尽きぬクリエイティヴィティがLP2枚にたっぷりと詰め込まれたアルバムは、そのセンスたっぷりのメロディや多様な音楽性、ロックのダイナミズムに溢れる演奏など、近年特に評価と人気が高まっている作品です。Disc1とDisc2にはそんなアルバム本編が、プロデューサーのジャイルズ・マーティンとミキシング・エンジニアのサム・オケルによって、オリジナルのアナログ・マルチ・テープから新たに作り直された“2018年ステレオ・ミックス”で収録されています。

Disc3には、1968年5月、アルバム制作を前にジョージ・ハリスンの自宅にメンバー4人が集まって録音されたアコースティック・セッション、通称“イーシャー・デモ”を収録。一部は1996年の『アンソロジー3』でお目見えしましたが、ここに一挙27曲が登場となりました。アルバム本編の収録曲に加え、ジョン・レノンが後にアルバム『イマジン』で発表する「ジェラス・ガイ」の原曲「チャイルド・オブ・ネイチャー」や、同じくジョージがアルバム『ゴーン・トロッポ』で発表した「サークルズ」、更にはジャッキー・ロマックスに提供した「サワー・ミルク・シー」など、レアな楽曲も多数演奏されています。オリジナルの4トラック・テープに立ち返って磨かれたサウンドは、ブートレグとは確実に一線を画す仕上がりです。

Disc4からDisc6にかけては、1968年5月30日から始まったセッションのアウトテイクを、レコーディング順に50トラック惜しみなく収録。アルバムのほとんど全ての楽曲に加えて、同時期にシングルとして発表された「ヘイ・ジュード」「レボリューション」や、未発表に終わった「ノット・ギルティ」「ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン」、アルバムにはリンク・トラックとして短く収録されていた「キャン・ユー・テイク・ミー・バック?」、「ブルー・ムーン」や「ベイビー、アイ・ドント・ケア」といったカヴァー曲のジャム・セッション、更には「レット・イット・ビー」のリハーサル・テイクまで、ファンの誰もが聴きたかった貴重音源の連続です。1968年2月のセッションからの「レディ・マドンナ」「ジ・インナー・ライト」「アクロス・ザ・ユニヴァース」も最後に追加収録。

Blu-rayオーディオには、アルバム本編の2018年ステレオ・ミックスと、新たにオリジナル・アナログ・テープからダイレクト・トランスファーしたモノ・ミックスのそれぞれハイレゾ音源、そして5.1chサラウンド・ミックスのDTS-HDマスターオーディオとドルビーTrueHDをまとめて収録しています。

■ シリアル・ナンバー入りボックス仕様。164頁のハードカバー・ブックレットには貴重な未発表写真も満載。

■ 日本盤のみSHM-CD仕様/解説・歌詞対訳付

内容詳細

1968年11月に発売された9作目のアルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』の50周年記念ニュー・エディション。同アルバム収録の全30曲を最新ステレオ・ミックスで新録して収録。未発表曲を含むイーシャー・デモも収められている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

2018年ステレオ・ミックス

  • 01. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  • 02. ディア・プルーデンス
  • 03. グラス・オニオン
  • 04. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  • 05. ワイルド・ハニー・パイ
  • 06. コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ヒル
  • 07. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  • 08. ハピネス・イズ・ウォーム・ガン
  • 09. マーサ・マイ・ディア
  • 10. アイム・ソー・タイアード
  • 11. ブラックバード
  • 12. ピッギーズ
  • 13. ロッキー・ラックーン
  • 14. ドント・パス・ミー・バイ
  • 15. ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  • 16. アイ・ウィル
  • 17. ジュリア

ディスク   2

2018年ステレオ・ミックス

  • 01. バースデイ
  • 02. ヤー・ブルース
  • 03. マザー・ネイチャーズ・サン
  • 04. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミーアンド・マイ・モンキー
  • 05. セクシー・セディ
  • 06. ヘルター・スケルター
  • 07. ロング・ロング・ロング
  • 08. レボリューション1
  • 09. ハニー・パイ
  • 10. サボイ・トラッフル
  • 11. クライ・ベイビー・クライ
  • 12. レボリューション9
  • 13. グッド・ナイト

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連する商品情報

おすすめの商品