ビートルズ売り出し中! PRマンが見た4人の素顔

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309204727
ISBN 10 : 4309204724
フォーマット
出版社
発行年月
2007年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,391,16p
20cm,391,16p
20cm,391,16p

商品説明

ビートルズの4人と一緒に仕事をした元PRマンの著者による彼らについての、彼らをめぐる、回想録。当時からの音楽ビジネスについてや、PRの仕事がいかに作られるかなど、興味深いエピソードで綴られる。図版満載!

※出版社都合により、発売日・価格・仕様等に関しましては、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容詳細

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴと60年代を駆け抜けた男の回想録。著者だけが知る4人のすべて。ビートルズ神話の舞台裏がついに明かされる。

目次 : 第1章 ホモでもなく、ユダヤ人でもなく/ 第2章 ブライアンのボーイズ/ 第3章 すてきな四人/ 第4章 ネンペラー(ネムズ帝国)/ 第5章 ビートルマニアの誕生/ 第6章 アメリカン・ドリーム/ 第7章 狂乱のツアーふたたび/ 第8章 東京テロル/ 第9章 収拾不能/ 第10章 ツアーの終点/ 第11章 腐った感情

【著者紹介】
トニー・バーロウ : イギリスのリバプール郊外、クロスビーで生まれる。ロンドンの大手レコード会社デッカでライナーノートを書く仕事をしていたところ、ビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタインに引き抜かれ、1962年から68年までビートルズの広報担当を務める。ビートルズのデビューから、世界制覇、最大のコンサート、日本公演、ビートルズ排斥運動など数々の歴史的場面に立ち会う。エプスタインのマネージメント会社から独立後も、ニール・セダカ、トニー・ベネットなど多数のアーティストの広報を手がけ、1980年以降は文筆家としてビートルズの回想を多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • bX さん

    面白かった!ビートルズのデビューから絶頂期の間の、やり手の広報担当としてつぶさにビートルズ現象を目の当たりにしてきた著者、限りなく近いところにいながら、けして「身内」ではないがゆえか、「客観的な」とか「ビジネスライクな」というのとはチョット違うその微妙な距離感と不要な感情移入のない語りがいい。「ビートル・ピープル」でない人にはどっーでもいいような女性週刊誌的なネタもまた、ファンには楽しく飽きさせない。

  • CCC さん

    このバンドについて書かれた本は無数にあるだろうけれど、結成初期からメンバーと直接関わりがあった人による本はそう多くないんじゃなかろうか。 流石『資料を集めては保管してきた』だけあって、具体的なエピソードが多い。また、一緒に仕事をしてきた『戦友』のような面もあるからか、ある程度『偶像』ではない生のファブフォーを捉えることが出来ていると思う。文字びっしりで少し読むのにエネルギーがいったけれど、興味深い内容だった。一次資料の価値もあるかも。

  • zzfog さん

    できるだけ客観的にと抑えた筆致に好感が持てる。書かれているエピソード自体は珍しくは無くても違った切り口で読ませてくれる。良書。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連する商品情報

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド