イエロー・サブマリン

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309267272
ISBN 10 : 4309267270
フォーマット
出版社
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,1冊
28cm,1冊
28cm,1冊

商品説明

ビートルズの映画「イエロー・サブマリン」を完全絵本化。世界11カ国同時発売。
映画『イエロー・サブマリン』は、ビートルズのアルバム『リボルバー』(1966年)のなかの曲「イエロー・サブマリン」がテーマ・ソングになっています。初めて上映されたのは、1968年の7月。すぐに、アニメーション映画の名作だと大評判になりました。この映画は、ふたつのすぐれた才能が、ひとつに合わさって生まれました。ポップ・アートの世界で活躍していたハインツ・エデルマンによるざん新なデザインと、ビートルズの音楽です。ビートルズはこの映画のために、4曲の新曲を作り、音楽も、キャラクターも、映像のなかでいきいきとかがやき、すばらしいアニメーション作品に仕上げられています。この映画を待望の絵本化したのが本書。ビートルズファンには堪らない一冊です!(翻訳者・山川真理さんより)ビートルズのアニメーション映画『イエロー・サブマリン』が、初めて絵本になりました。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が黄色い潜水艦に乗り込み、ユーモラスで奇想天外な冒険の旅を体験します。翻訳にあたって何よりも大切に心がけたのは、声に出して読んだときに自然で、わかりやすい日本語にすることでした。ビートルズが大好きなお父さん、お母さんの口から、幼い子どもたちにこの絵本を読んで聞かせてあげてほしい、と思うからこそです。『イエロー・サブマリン』には、ビートルズが伝えようとしていた「愛こそはすべて」のメッセージが、驚くほどわかりやすい形で描かれています。ペパーランドを暴力で征服しようとしたブルー・ミーニーに対し、ビートルズは暴力でお返しするのではなく、音楽で立ち向かっていきます。これは21世紀の今も変わらないテーマです。世界情勢が混迷をきわめている、こんなご時世だからこそ、ビートルズのメッセージがますます必要とされているのです。次から次へと色あざやかに展開していくサイケデリック・アドベンチャーを、美しい絵とともに楽しくたどりながら、子どもたちに、いえ、大人も子どもも一緒になって、ビートルズが歌った「愛こそはすべて」の意味をかみしめていただけたらと思います。

内容詳細

はるかとおい海の底、40万キロのかなたにある、色あざやかな楽園、ペパーランド。しあわせな歌と笑い声がひびき、サージェント・ペパー楽団の演奏が、いつも心をなごませてくれます。ところが、あるとき・・・・

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、黄色い潜水...

投稿日:2006/07/12 (水)

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、黄色い潜水艦に乗っていろんな所を冒険しながら、破壊的でクレイジーな悪者を音楽を武器にやっつけていくアニメーション映画の絵本。サイケデリックで見ているだけでも楽しい「愛こそはすべて」のメッセージが詰まったお話。

ゆんこ さん | 三重県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ウチケン さん

    【iBooks】子供の頃楽しんだ飛び出す絵本も、今やタブレットで遊べる絵本に様変わり。タップやスワイプで色んな仕掛けが動き出す。音も飛び出す、動画もあるぞ。親子で読み聞かせながら遊べるぞ。ヤバいぞ、もう寝る時間なのにいい歳して嵌ってしまった。大人の事情で肝心のThe Beatlesの楽曲は収録されていないけれど、既発のDVDには日本語吹き替えが収録されていないから、お子ちゃまには絵本と併せて読み聴かせ♩。ポップでキッチュでアートな一冊。私のiPhoneケースもyellowsubmarineなのだ。

  • もくたつ(目標達成) さん

    久しぶりに開いたiBooksで。カラフルでお洒落なビートルズが主人公で、タップすると音が鳴ったり、絵が動いたり、ビートルズの曲が流れたりと、電子書籍だからできる技術を駆使した作品。

  • kazu_tea さん

    息子(5歳)は、イエロー・サブマリンのアニメ映画が大好きなのですが字幕が読めないため、この絵本でストーリーを理解。色鮮やかで不思議な世界を舞台に、ビートルズは音楽の力で悪を善に変えることが出来ました。絵本では"When I'm Sixty Four"の場面がカットされているのが残念。

  • HERO さん

    ストーリーよりもイラストや音楽で楽しむ作品。こんなに単純な「LOVE(愛)」の伝え方も時として美しい。古さを感じないというのは月並みな感想かもしれないが、それでも今より前衛的な印象を受ける。私にとって、一番憧れる世代の1ページである。

  • Sleipnirie さん

    この世と思えぬ楽園"ペパーランド"。常に音楽に満ちあふれるこの地が音楽嫌いのミーニー軍に占領されてしまった! 唯一脱出できた人間がイエローサブマリンに乗ってビートルズを連れてくる。 色どり鮮やか、独特なデザインで、音楽による平和を謳ったアニメ映画『イエローサブマリン』を絵本にしたもの。ときどきビートルズネタを入れてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連する商品情報

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品