CD 輸入盤

【中古:盤質B】 Past Masters 1

Beatles (ビートルズ)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
ケースすれ
コメント
:
ジャケットカビ小
:
HMV record shop オンライン

基本情報

カタログNo
90043
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

アルバムからもれたシングル、EPからの音源から構成された本作が、これ程までに優れた作品集になってしまうとは! やはり恐るべしビートルズ。アメリカ、日本でのデビュー曲M6「抱きしめたい」、名曲M4「シー・ラヴズ・ユー」、ファンに人気の高いM7、17、ギター・リフもノリの良いM14「アイ・フィール・ファイン」、ポールには意外と珍しいストレートなR&B調のM15「シーズ・ア・ウーマン」。ヒットしたシングル曲は勿論、どの曲からも全力で曲作りに挑んだ彼らの熱気が伝わってくる。 

収録曲   

  • 01. Love Me Do (Single Version With Ringo Mono) (02:23)
  • 02. From Me To You (Mono) (01:57)
  • 03. Thank You Girl (Mono) (02:04)
  • 04. She Loves You (Mono) (02:21)
  • 05. I'll Get You (Mono) (02:05)
  • 06. I Want To Hold Your Hand (02:26)
  • 07. This Boy (02:16)
  • 08. "Komm Gib Mir Deine Hand (Mono German Version Of ""I Want To Hold Your Hand"")" (02:26)
  • 09. "Sie Liebt Dich (Mono, German Version Of ""She Loves You"")" (02:19)
  • 10. Long Tall Sally (02:03)
  • 11. I Call Your Name (02:09)
  • 12. Slow Down (02:56)
  • 13. Matchbox (01:58)
  • 14. I Feel Fine (02:19)
  • 15. She's A Woman (03:03)
  • 16. Bad Boy (02:20)
  • 17. Yes It Is (02:42)
  • 18. I'm Down (02:31)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
オリジナル・アルバムでは聴けないシングル...

投稿日:2008/07/09 (水)

オリジナル・アルバムでは聴けないシングル曲の寄せ集めだが内容は濃い!A面曲はだいたいみなさんご存じだと思うがB面曲も名曲多し。若さ溢れる「I'll Get You」、ドゥ・ワップの進行に乗ったハーモニーの素敵な「This Boy」、EP盤に収録されていたジョンの渋い「I Call Your Name」など、隠れ名曲が手軽に楽しめる。「Love Me Do」はリンゴがドラムをプレイしているヴァージョンで、これが聴けてかなり嬉しい!

rocket-88 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
アルバム未収録曲を時系列に並べただけなの...

投稿日:2007/04/04 (水)

アルバム未収録曲を時系列に並べただけなので、そのまま聞くと魅力がないが、自分で編集すると楽しめる。

ロータス さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
最近とみに評価を得ているのは初期だという...

投稿日:2006/09/24 (日)

最近とみに評価を得ているのは初期だという。後期には手ごわいライヴァルたちがかなり輩出していたせいでいま聴くと同時代の音としてはやや古めかしくもあり、前期のほうが歌心が濃密で時代を感じさせない。

eel tabs さん | ? | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品