CD

Hello Nasty

Beastie Boys (ビースティ・ボーイズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP70807
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター

商品説明

久々のニュー・アルバムをリリースするビースティ・ボーイズのカタログ4タイトルが新しく生まれ変わって、同時リリース。ヒット・シングル「インターギャラクティック」「ボディ・ムーヴィン」収録した全米No.1アルバム。ボーナス・ディスクが付いた豪華盤。1998年リリース作品。
音源:最新デジタル・リマスタリング/パッケージ:エコ・デジパック仕様

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
はじめてbeastie boysを聴いたときはナヨッ...

投稿日:2009/12/15 (火)

はじめてbeastie boysを聴いたときはナヨッとしたサウンドが嫌いだったんだけど、聴いてるうちに好きになっちゃったんだよな。面白い音の使い方なので聴きごたえがあります。

インサイト31 さん | 群馬県 | 不明

0
★
★
★
★
★
'98年発表。間にパンク盤「アグリ・エ・オリ」を挟みつ...

投稿日:2009/04/30 (木)

'98年発表。間にパンク盤「アグリ・エ・オリ」を挟みつつも、前作「イル・コミュニケーション」から実に4年、ビースティ・ボーイズ・ブランドの神通力は有効?そんな穿った見方もあるけれど、とにかく盤をトレイにセット。聴こえてくるのは分厚い電子音に絡みつく鋭利なスクラッチ……。のっけからヘビー・ボトムのヒップホップ・ビートにビースティーズらしいやんちゃな掛け合いラップ連発。猥雑なサンプル・ソースもてんこ盛りで、やっぱ、「ビースティーズ、最高に面白えや」とうなずいた次第。雑誌「グランド・ロイヤル」での絶妙な編集センス(ブルース・リーからモーグ、マイアミ・ベースにデモリション・ダービー!)、チベタン・フリーダム・コンサートでのネットワークの豊かさ。この4年間に彼らの行動にまつわった諸々がここには見事にパッキングされている。それは豪華なゲスト・リストを見ても一目瞭然。ルシャス・ジャクソンのジル・カニーフに、インヴィジブル・スクラッチ・ピックルズの一員としても知られる西海岸随一のバトルDJ、ミックスマスター・マイク、チボ・マットから羽鳥美保、神様リー・ペリーやビズ・マーキーに、もちろんマニー・マークも従えて「ハロー・ナスティ」は縦横無尽に加速していく。聴き進むうち、バンド演奏でのジャズ・ファンク・チューンや、メランコリックな歌もの、モンド/エキゾな味付けも飛び出し、まさに百花繚乱の様相。オール・アバウト・ビースティーズ的な大充実の1枚に仕上がっている。すなわち"当時の空気感"を知るならこれ!Bボーイの理想的な成長の仕方のひとつを、彼らはこんなにも楽しく教えてくれた。

0
★
★
★
★
★
90年代のレクイエム。90年代は、「Check Your He...

投稿日:2006/11/12 (日)

90年代のレクイエム。90年代は、「Check Your Head」で始まり「Hello Nasty」で終わった…

真夜中のソウル さん | デトロイト | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beastie Boys

81年、ニューヨーク・ハードコア・シーンを飛び出し、86年にデフ・ジャムよりメジャー・デビューを果して一躍ヒップホップ界の革命児となったBeastie Boys。リック・ルービンのプロデュースで86年にリリースした「ライセンス・トゥ・イル」はラップ史上初の全米bPとなる快挙を成し遂げた。3rd「チェック・ユア・ヘッド」が転換期となり、翌93年には自身のレーベル「グランド・ロイヤル」を立ち上げ、ルシ

プロフィール詳細へ

Beastie Boysに関連するトピックス

ヒップホップ/ラップ に関連する商品情報

おすすめの商品