SHM-CD

Surfer Girl +2

Beach Boys (ビーチ・ボーイズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY25589
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

【SHM-CD】バンド3作目にして、ブライアン・ウィルソンが初めてプロデュースに携わったアルバム。タイトル曲や「イン・マイ・ルーム」「ユア・サマー・ドリーム」等、彼の作曲やヴォーカルの才がきらめく美しいバラードを多く収める。
●1963年9月発表

●SHM-CD仕様
●ジュエルケース
●解説・歌詞・対訳付

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ブライアン・ウィルソン自身のプロデュースによる、1963年発表の3rdアルバム。サーフィンをテーマにした最後の作品で、タイトル曲をはじめとする永久に心に残る名曲群が楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
祝、ブライアンの初プロデュース作品。永遠...

投稿日:2008/01/27 (日)

祝、ブライアンの初プロデュース作品。永遠の名曲のタイトル曲をはじめ、「キャッチ・ア・ウェイヴ」、「リトル・デュース・クーペ」、「サーファーズ・ルール」、「ハワイ」など楽しいナンバーがいくつかあるが、「イン・マイ・ルーム」の美しさは格別だろう。こんなに美しいコーラスができるグループが当時そんなにはいなかったはず。「サーファー・ムーン」、「ユア・サマー・ドリーム」は完全なブライアンのソロ。両方とも美しい曲だがグループが参加していないのでちょっと残念。インストもやや退屈。半分ブライアンのソロ作と言ってもいいだろう。

rocket-88 さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beach Boys

ロック/ポップス史に名を残す偉大なるバンドたちの中でも、特にビーチ・ボーイズの評価といったものほど、やっかいなものはないかもしれない。20世紀最後になってある種、シリアスに受けとめられるようになったアイドル、ビートルズの評価以上に、ビーチ・ボーイズの偉大なる業績に対する評価には現在も困難さがつきまとっているかのようだ。一方でオールディーズ的なポップスとしてのビーチ・ボーイズの評価、片や名作 ペット

プロフィール詳細へ

Beach Boysに関連するトピックス

おすすめの商品