CD 輸入盤

【中古:盤質B】 Pet Sounds

Beach Boys (ビーチ・ボーイズ)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
盤面のキズが大きい
:
HMV record shop オンライン

基本情報

カタログNo
26266
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ロック/ポップス史上、偽りなく”美しい”という形容が似合う数少ない作品の一つ。全てはブライアン・ウィルソンという無垢な才能の為せる業である――でホントお終いにしたいくらい。1966年発表説明不要の名盤です。ビートルズ『ラバーソウル』を聴いて刺激を受けたブライアン・ウィルソンがアレを越えるものを…という想いを抱えながらスタジオに篭り作り上げたポケット・シンフォニー。サウンド的にはスペクター・サウンドを援用し、さらにブライアンの頭の中で鳴る音を直感・ドラッグの助けを借りて具現化。評論家・ミュージシャン筋には高い評価を得たが、セールスはさっぱり。ブライアンは大きな挫折を味わう。音はご自分の耳でご確認を(初めは取っ付き難いかもしれませんが、ハマるとドツボ)。音響ポップ、モンドといったキーワードが’90年代に出てきて解り易くなった部分すらある本作のサウンドは、進み過ぎていたとも永遠に向かって作られていたとも言える。本作や未完成作『スマイル』にインスパイアされるミュージシャンは後を絶たないが、最近の代表選手として英インディ・ポップのハイ・ラマズと永遠の名曲「神のみぞ知る」をサンプリングした日本代表フリッパーズ・ギター(元メンバー小山田氏は螺旋を描いて近作でもアプローチ)を若いリスナーにご紹介したい。

収録曲   

  • 01. Wouldn't It Be Nice
  • 02. You Still Believe In Me
  • 03. That's Not Me
  • 04. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)
  • 05. I'm Waiting For The Day
  • 06. Let's Go Away For Awhile
  • 07. Sloop John B
  • 08. God Only Knows
  • 09. I Know There's An Answer
  • 10. Here Today
  • 11. I Just Wasn't Made For These Times
  • 12. Pet Sounds
  • 13. Caroline No
  • 14. Hang On To Your Ego (Bonus Track)
  • 15. Wouldn't It Be Nice (Stereo)
  • 16. You Still Believe In Me (Stereo)
  • 17. That's Not Me (Stereo)
  • 18. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder) (Stereo)
  • 19. I'm Waiting For The Day (Stereo)
  • 20. Let's Go Away For Awhile (Stereo)
  • 21. Sloop John B (Stereo)
  • 22. God Only Knows (Stereo)
  • 23. I Know There's An Answer (Stereo)
  • 24. Here Today (Stereo)
  • 25. I Just Wasn't Made For These Times (Stereo)
  • 26. Pet Sounds (Stereo)
  • 27. Caroline No (Stereo)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beach Boys

ロック/ポップス史に名を残す偉大なるバンドたちの中でも、特にビーチ・ボーイズの評価といったものほど、やっかいなものはないかもしれない。20世紀最後になってある種、シリアスに受けとめられるようになったアイドル、ビートルズの評価以上に、ビーチ・ボーイズの偉大なる業績に対する評価には現在も困難さがつきまとっているかのようだ。一方でオールディーズ的なポップスとしてのビーチ・ボーイズの評価、片や名作 ペット

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品