CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 Smiley Smile / Wild Honey -Remaster

Beach Boys (ビーチ・ボーイズ)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

カタログNo
31862
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

(Smiley Smile)名盤『ペット・サウンズ』に続きブライアン・ウィルソンが取り掛かったのは『スマイル』というアルバムの制作。ヴァン・ダイク・パークスと共同でより壮大な音世界(幻想としてのアメリカ、またはその有史以来の出来事を俯瞰したようなものになったのでは?ともウワサされる)を作り上げようとした。しかしブライアンが途中精神を病んだ為やむを得ず中止。幻の作品となった(その断片はビーチ・ボーイズのボックス『グッド・ヴァイヴレーション』で聴ける)。その『スマイル』セッションの中から本作(1967年発表)は5曲を収録。M1「英雄と悪漢」、大名曲M6に、M2、8、10。本作はかなりドライなサウンド(特にヴォーカル)になっていて、何処かパーソナルな佇まいを見せる(チョット不気味な雰囲気にも繋がるが)。

(Wlid Honey)1967年発表。当時のヒッピー・ムーヴメントに触発されたような雰囲気の中に、フォーク・ロックやモータウン的なR&Bっぽい躍動感が混ざっていたりで、独特のサウンドが聴かれる一枚。スティーヴィー・ワンダーのM-3なども収録している。人気の”ダーリン”や”ワイルドハニー”がチャートにランクされた。

収録曲   

  • 01. Heroes and Villains (03:39)
  • 02. Vegetables (02:09)
  • 03. Fall Breaks and Back to Winter (02:17)
  • 04. She's Goin' Bald (02:17)
  • 05. Little Pad (02:33)
  • 06. Good Vibrations (03:39)
  • 07. With Me Tonight (02:20)
  • 08. Wind Chimes (02:38)
  • 09. Gettin' Hungry (02:30)
  • 10. Wonderful (02:24)
  • 11. Whistle In (01:07)
  • 12. Wild Honey (02:40)
  • 13. Aren't You Glad (02:18)
  • 14. I Was Made to Love Her (02:07)
  • 15. Country Air (02:22)
  • 16. Thing or Two, A (02:42)
  • 17. Darlin' (02:14)
  • 18. I'd Love Just Once to See You (01:50)
  • 19. Here Comes the Night (02:43)
  • 20. Let the Wind Blow (02:21)
  • 21. How She Boogalooed It (01:58)
  • 22. Mama Says (01:08)
  • 23. Heroes and Villains - (alternate take) (02:59)
  • 24. Good Vibrations - (various sessions) (06:54)
  • 25. Good Vibrations - (early take) (03:03)
  • 26. You're Welcome (01:10)
  • 27. Their Hearts Were Full of Spring (02:32)
  • 28. Can't Wait Too Long (05:35)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beach Boys

ロック/ポップス史に名を残す偉大なるバンドたちの中でも、特にビーチ・ボーイズの評価といったものほど、やっかいなものはないかもしれない。20世紀最後になってある種、シリアスに受けとめられるようになったアイドル、ビートルズの評価以上に、ビーチ・ボーイズの偉大なる業績に対する評価には現在も困難さがつきまとっているかのようだ。一方でオールディーズ的なポップスとしてのビーチ・ボーイズの評価、片や名作 ペット

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品