バルトーク (1881-1945)
新商品あり

バルトーク (1881-1945)

バルトーク (1881-1945) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

関連商品

商品ユーザーレビュー

553件

すべてのユーザーレビューを見る(553件)

  • 正直に言って、60年近く前に、これだけのバルトーク...

    投稿日:2020/09/30

    正直に言って、60年近く前に、これだけのバルトークが日本で演奏されていたとは驚きました。 相当準備をして臨んだのでしょう。6曲のどこをとっても、自信にあふれた演奏を繰り広げています。 巌本真理四重奏団は、チェロの黒沼俊夫が土台となり、その上で巌本が自由に歌い、内声の2人は今日の水準からするとやや控えめながら、適切に寄り添う、という形が基本フォームだと思いますが、このバルトークでは4人が比較的均等に自己主張しているように感じました。 ベートーヴェンが偉大すぎて、ロマン派の時代に今ひとつ発展しなかった弦楽4重奏曲の新たな扉を開いた1番から、民族性、独特のリズムを的確に表しつつ、誤解を恐れずに言えば、演歌調の「粘り」が耳をとらえました。バルトークの東欧的属性は、あるいは日本人と親和性があるのかもしれません。 最高傑作の4番はさすがに屈指の難曲だけに、現代の最新の演奏水準と比べると技術面で劣るのは仕方がないことですが、ここでもすべての楽章に確信を持って演奏している姿を頼もしくも感じました。 バルトークの弦楽4重奏曲は、アルバンベルク四重奏団やケラー四重奏団のように、荒々しいリズムや不協和音をかなり丸めてとにかく美しく聴かせる演奏が、現在は主流となっているように思いますが、私は昔のハンガリー四重奏団のような素朴な演奏の方が、より作品の持つ本質的な魅力を感じさせて好きです。 その意味では、この巌本真理四重奏団の全集(収録時間の関係で、第5番だけ第4楽章が欠けています)は、今でも十分聴く価値のあるものだといえるでしょう。 録音はAMラジオのモノラルで、時代を考えても少し聴きにくかったことは付記しておきます。

    kadoshin さん

    1
  • さすが、オーマンディ&フィアデルフィア管弦団だ。...

    投稿日:2019/07/06

    さすが、オーマンディ&フィアデルフィア管弦団だ。まさに、アメリカらしい音楽だ。特に、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」は、ボストン交響の依頼だけに、素晴らしい。また、ベルリオーズの「ラコッツィ行進曲」は、アメリカらしいマーチに仕上がっている。このように、アメリカは、アメリカらしいサウンドで聴こえるのが、私には、名演だと思います。世界中が、国際的な音楽という名の味気ないものになりつつあるとき、このように、アメリカらしい音楽は懐かしくも素晴らしい。

    カニさん さん

    2
  • 今一推しのカルテットがルーマニアのアルカディア。こ...

    投稿日:2019/03/28

    今一推しのカルテットがルーマニアのアルカディア。これまでのメンデルスゾーン、ブラームス、ヤナーチェクもよかったが、今回のバルトークで一段と熟成した音楽を聴かせる。前にも書いたが、このカルテットの特徴は4人の技量が完全に均一なことで、それにより通常のカルテットより第2ヴァイオリン、ヴィオラが前に出てくる。響きは練り上げられタペストリーのよう。その分、民族性やバーバリスティックな面は後退するが、音楽は洗練され濃密である。これまでのバルトークとは明らかに違う。アルカディアはレーベルを転々としていたが、シャンドスには是非腰を入れて録音継続してほしい。

    フォアグラ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、バルトーク (1881-1945)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%