CD

愛をこめて-live In Japan: Onofri(Vn)/ Cipango Consort 森麻季

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UZCL1016
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ピリオド楽器による日本の団体チパンゴ・コンソートと鬼才オノフリによる、ユニークなプログラミングのコンサート・ライヴ。高い集中力と独特の語り口は、鮮烈な印象を残すもの。聴きものの森麻季との顔合わせでは、彼女の美しく完璧ともいえる歌唱をしっかりとサポート。(堀)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 合奏協奏曲 第1番 ニ長調 Op.6-1 T.Largo-Allegro-Adagio-Allegro-Adagio-Allegro-Adagio-Largo-Allegro
  • 02. 合奏協奏曲 第1番 ニ長調 Op.6-1 U.Largo
  • 03. 合奏協奏曲 第1番 ニ長調 Op.6-1 V.Allegro-Adagio
  • 04. 合奏協奏曲 第1番 ニ長調 Op.6-1 W.Allegro
  • 05. 歌劇≪ファルナーチェ≫RV.711より アリア「すべての血管を凍えるような血が」
  • 06. ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』~≪四季≫より ヴァイオリン協奏曲 ヘ短調≪冬≫Op.8-4,RV.297 第2楽章、第3楽章 U.Largo
  • 07. ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』~≪四季≫より ヴァイオリン協奏曲 ヘ短調≪冬≫Op.8-4,RV.297 第2楽章、第3楽章 V.Allegro
  • 08. 合奏協奏曲 第3番 ホ短調 Op.6-3 HWV.321より 第1楽章 T.Larghetto
  • 09. オラトリオ≪時と悟りの勝利≫HWV.46aより アリア「神によって選ばれた天の使者よ」
  • 10. 弦楽器と通奏低音のためのシンフォニア ト長調 RV.149 T.Allegro molto
  • 11. 弦楽器と通奏低音のためのシンフォニア ト長調 RV.149 U.Andante
  • 12. 弦楽器と通奏低音のためのシンフォニア ト長調 RV.149 V.Allegro
  • 13. セレナード 第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 T.Allegro
  • 14. セレナード 第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 U.Romance(Andante)
  • 15. セレナード 第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 V.Menuetto(Allegretto)-Trio
  • 16. セレナード 第13番 ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 W.Rondo(Allegro)
  • 17. ≪3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調≫より カノン (Encore)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クリスマスが近づくと チパンゴ・コンソー...

投稿日:2017/12/09 (土)

クリスマスが近づくと チパンゴ・コンソートが聴きたくなる このアルバムは’10年冬のライヴだったと思うが記憶に自信はない 大学の音楽堂だったかしら 立錐の余地もなかった 旅から戻ったその足で僅かな当日券を求めて寒風のなか列に並んだ ”そのコンサート”をほぼほぼそのままディスクにしている 小気味好いコレッリの合奏協奏曲から始まった オノフリが福岡の古楽音楽祭に招かれて間も無く日本で組織したピリオド・アンサンブルは美事だ ヴィヴァルディの”冬”の仕掛けに度肝を抜かれる ヘンデルを挟んで再びヴィヴァルディと極上のアンサンブルを堪能して 締めはモーツァルトだ この”アイネ・クライネ〜”でまた飛び上がった まるで別の曲だ 譜読みと奏法の違いがこれほど音楽を生まれ変わらせるとは信じ難い 満足した夕宴には極上の土産がついた ”パッヘルベルのカノン” この一曲を聴くためにこの宵があったと言って過言でない これがもう一度聴きたくてディスクを求めた お聴きになっては如何     

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品