CD 輸入盤

ムエラ・キューピット〜スペイン・バロック秘曲集 ヌリア・リアル、ファミ・アルカイ&アカデミア・デル・ピアチェーレ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19075868472
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dhm
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


名歌手ヌリア・リアルが
音楽家としてのルーツであるスペイン・バロックの秘曲を披露


容姿と歌唱が見事に一致した、天真爛漫な純真さを感じさせてくれる素晴らしい歌声をもつソプラノ、ヌリア・リアル。そのルックスと驚異のヴォイスは今世界中を席巻しています。近年では、厚みのある声も取り込んだ情熱的な表現も加わり、更なる高い評価を得ています。今回のアルバムではカタルーニャの音楽ということで、カタルーニャ州バルセロナ生まれの彼女にとっての故郷を表現し見事に歌っています。
 このアルバムは、スペインのバロック時代の作曲家セバスティアン・ドゥロン[1660-1716]の作品を中心としたもの。彼は、セビリアでオルガニスト兼作曲家として活躍しており、当時は最も重要な演劇音楽の作曲家と見なされていました。特にサルスエラでは、スペインの伝承音楽の要素を持つ当時としては新しいイタリアのスタイルを組み合わせました。それ以外の収録作品も傑出したもので、フラメンコ風のリズムを取り入れているものもあり、魅惑的なメロディ、エレガントなリズム、そして豊富な器楽奏法表現を備えた多様なレパートリーとして重要なものです。
 今回バックを務めるのは、スペイン古楽界の次代のエース、ヴィオラ・ダ・ガンバの鬼才ファミ・アルカイと自身の古楽アンサンブル、アカデミア・デル・ピアチェーレ。ファミ・アルカイは、1976年生まれ。現代のヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の中でもっとも才気あふれる名高い若手演奏家と評されると同時に、その独特で伝達力に長けたアプローチによって、古楽レパートリーの優れた解釈者として広く認められています。ヴィットリオ・ギエルミらに学び、ジョルディ・サヴァールのエスペリオンXXIなど世界的に名高い古楽アンサンブルに参加。2002年にアカデミア・デル・ピアチェーレを結成し、音楽監督も務めています。彼らの演奏は「“並外れた特別なもの”であり、“ヴィオラ・ダ・ガンバを喜びの可能性に満ちた新境地へと導き”、“ヴィオラ・ダ・ガンバの過去と未来への素敵なトリビュート”」と英国グラモフォン誌は絶賛しています。(輸入元情報)

【収録情報】
● フランチェスコ・ゲラウ[1649-1717/1722]:パヴァーヌ
● セバスティアン・ドゥロン[1660-1716]:サルスエラ『El imposible mayor en amor le vence amor』より「Y, pues consentir no debo」「Yo hermosisima Ninfa」
● ドゥロン:サルスエラ『Las nuevas armas de amor』より「Quantos temeis al rigor」
● 作者不詳:マリオナス
● ジョヴァンニ・ボノンチーニ[1670-1747]:「Pastorella che tra le selve」
● 作者不詳:「All'assalto de pensieri」
● ゲラウ:シャカラ
● ドゥロン:セギディーリャ『Salir el amor del mundo』より「Sosieguen, descansen」
● ホセ・デ・ネブラ[1702-1768]:サルスエラ『Viento es la dicha de amor』より「Selva florida」
● デ・ネブラ:ファンダンゴ
● デ・ネブラ:サルスエラ『Vendado es amor, no es ciego』より「Tempestad grande, amigo」
● デ・ネブラ:サルスエラ『Amor aumenta el valor』より「Adios, prenda de mi amor」


 ヌリア・リアル(ソプラノ)
 アカデミア・デル・ピアチェーレ(ピリオド楽器アンサンブル)
 ファミ・アルカイ(指揮&ヴィオラ・ダ・ガンバ)

 録音時期:2018年
 録音場所:スペイン、セビリア、プートニク・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Baroque Classicalに関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品