CD 輸入盤

ペッテル・ダスの歌によるモーセの十戒 バロック・ボレアル

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PPC9081
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ノルウェーに根付く宗教と音楽の幸せな結びつきをうかがわせるアルバム

17世紀ノルウェーのルーテル教会の聖職者ペッテル・ダス[c.1647-1707]は、バロック賛美歌とともに自然神学詩も手がけ、人々の間で広く親しまれました。彼の詩は後の時代にも受け継がれ、民謡歌手たちはダスの詩を歌に作り、多くの歌曲を書いたエドヴァルド・グリーグもダスの詩をテクストに使った『漁師の歌』を『子供の歌』作品61の一曲としました。ヌールラン県のアルスタハウグには「ペーテル・ダス博物館」も作られ、彼は、民俗文化とキリスト教文化に貢献したひとりとして今も敬愛されています。
 『ペッテル・ダスの歌によるモーセの十戒』は、古代イスラエルの指導者のひとり、モーセ(モーゼ)がシナイ山で神から授かった「十戒」をダスが2節から10節で書いた10の歌に、彼と同時代の1698年のさまざまな旋律をつけて歌った作品です。
 「バロック・ボレアル」は古楽の音楽家ふたり、ボートネル=ビューとガストン・ラーシェンと、民俗音楽のグローヴェン・ミューレン とヴォルダールが結成、17世紀の詩人たちの作品と伝承曲による音楽をレパートリーに活動しています。ノルウェーの人々の間に浸透した宗教と音楽の幸せな結びつきをうかがわせるアルバムです。(輸入元情報)

【収録情報】
モーセの十戒(歌詞:ペッテル・ダス)


● 第1の戒め「幾重にも手をたたき」
● 第2の戒め「主の御名による第二の戒めを」
● 第3の戒め「始めよう第三の主の戒め」
● 第4の戒め「娘であろうと息子であろうと」
● 第5の戒め「始めよ、われら主の慈悲とともに」
● 第6の戒め「姦淫について語ろう」
● 第7の戒め「さあ神とともに始めよう」
● 第8の戒め「シナイの八番目の言葉は」
● 第9の戒め「九番目に戒めることは」
● 第10の戒め「シナイの最後の戒めは」

 バロック・ボレアル
  カトリーネ・ボートネル=ビュー(歌)
  オイオン・グローヴェン・ミューレン(歌)
  ヴェーガル・ヴォルダール(ハリングフェレ、ヴァイオリン、ヴィオラ)
  ウルリク・ガストン・ラーシェン(バロックギター、歌)

 録音時期:2019年3月5,6日、12月10日
 録音場所:オスロ、アイヴィン・グローヴェン・オルガンハウス(Eivind Grovens orgelhus)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 制作:ライフ・ソールベルグ
 録音:アルフ・クリスチャン・ヴィドステーン

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Baroque Classicalに関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品