CD 輸入盤

イタリア・バロック協奏曲集 カルミニョーラ、マルコン&ヴェニス・バロック・オーケストラ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4776606
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

カルミニョーラ/イタリア・バロック協奏曲集
バロック・ヴァイオリン界のスーパー・スターによるレアなバロック協奏曲集!


「バロック・ヴァイオリンのプリンス」(グラモフォン誌)によるレアなイタリア・バロック協奏曲集!
 18世紀中頃に活躍した後期バロック/前古典派イタリアのヴァイオリニスト兼コンポーザーたちの名人芸をふんだんに盛り込んだ協奏曲集です。収録されている4曲中3曲は世界初録音になります。ヴィヴァルディの陰に隠れて日の目を見る機会の少ないバロック時代の佳曲を、現代最高の理想的なパートナー、カルミニョーラとヴェニス・バロック・オーケストラが確かなテクニックに裏打ちされた颯爽たる演奏で聴かせる価値ある一枚です。
 ドメニコ・ダッローリョはパドヴァ生まれ。ヴィヴァルディやタルティーニに師事し、1732年に同地の聖アントニオ大聖堂のヴァイオリニストに任命されました。ミケーレ・ストラティコはヴェネツィア郊外の貴族で、タルティーニの弟子で友人でした。フィレンツェ生まれのピエトロ・ナルディーニもタルティーニに学び、シュトゥットガルト宮廷楽団コンサート・マスター、トスカナ大公の宮廷楽長を歴任し、名手として名高いヴァイオリニストでした。アントニオ・ロッリはベルガモの生まれ。シュトゥットガルトの宮廷管弦楽団のソロ・ヴァイオリニストを務め、さらにヨーロッパ中を旅して名声を築きました。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・ダッローリョ:ヴァイオリン協奏曲ハ長調*
・ストラティコ:ヴァイオリン協奏曲ト短調*
・ナルディーニ:ヴァイオリン協奏曲ト長調*
・ロッリ:ヴァイオリン協奏曲ハ長調 op.2a-2
 ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン)
 ヴェニス・バロック・オーケストラ
 アンドレア・マルコン(指揮)

 録音時期:2009年3月13日
 録音場所:トブラッハ、グスタフ・マーラー・ザール
 録音方式:デジタル(セッション)
 *世界初録音

収録曲   

  • 01. Dall'Oglio: Concerto for Violin in C Major: I. Allegro 06:36
  • 02. II. Largo 06:25
  • 03. III. Allegro 06:44
  • 04. Stratico: Concerto for Violin in G Minor: I. Allegro 06:15
  • 05. II. Grave 08:27
  • 06. III. Allegro assai 05:48
  • 07. Nardini: Concerto for Violin in G Major: I. Allegro 07:23
  • 08. II. Adagio 03:43
  • 09. III. Allegro 05:29
  • 10. Lolli: Concerto for Violin, Op. 2a, No. 2: I. Andante 10:30
  • 11. II. Adagio 05:31
  • 12. III. Allegro 08:18

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
カルミニョーラがマルコン/VBOと珍しいイタ...

投稿日:2009/11/19 (木)

カルミニョーラがマルコン/VBOと珍しいイタリア・バロック曲を披露(2009年録音したてのホッカホッカ・・・)したもので私も全く初めて聴く曲ばかりです。四曲いずれの曲も20分前後のもの(タイムはHMVレビューに記載されています)で自分自身の好みだけで申しますと佳作以上やそれ以下のものもあります。一方演奏の方は例の曲芸的要素もあったりキレの鋭さ・颯爽さもあったりバロックの清楚さも味わえたりボウッーと流しておく分には心の洗われる処もありますが・・・勿論他演奏と比較して聴くこともないので評価は本盤価値面から下さざるをえないのです。アルヒーブからは以前このマルコン/VBOのバックでコジェナーのバロック・ソプラノ集が出た事がありこれは最高ランクにしたのですが、やはりこれも録音が素晴らしく良い事と今回彼ら演奏者の掘り起こしの前向き姿勢は買うものの、私などオールドにとってはこの種企画物の盤は打ち上げ花火的側面・・・・新しい時代に入って来たという事なのかなぁ(かってあのミュンヒンガーがヴィバルディ「四季」を拡げて行ったこともあるし・・・)・・・・が目についてしまいます。今回はマァ、先ずバロックマニア好きな方やカルミニョーラファンには一聴をお奨めするといった事でワンランクダウンして「素晴らしい」に止めます。

2

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品