CD 輸入盤

『メーヌ公爵夫人のために〜18世紀フランス作品集』 アンサンブル・ラ・フランセーズ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POL503134
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

日本人が2人も参加! アンサンブル・ラ・フランセーズの
ベルニエ、ムレ、ブルジョワ、18世紀フランス作品集!


メーヌ公爵夫人のためにと題された、18世紀初頭のフランスの作曲家、ニコラ・ベルニエ[1664-1734]、ジャン=ジョゼフ・ムレ[1682-1738]、トマス=ルイ・ブルジョワ[1676-1730]の作品を収録したCD。ベルニエはマルカントワーヌ・シャルパンティエの後任としてシテ島のサント・シャペルの楽長を務めた人物。生前はかなり人気の高い作曲家でした。ムレはアヴィニョン生まれのヴァイオリニストで、パリではオペラでも活躍した。ブルジョワはベルギーのフォンテーヌ=レヴェク生まれでパリで歌手として活躍。『メデ』と『アリアーヌ』はソプラノ独唱のソロ・カンタータで、小規模なオペラの趣です。
 アンサンブル・ラ・フランセーズは2013年結成の若いバロック・アンサンブル。名称はクープランの組曲集『諸国の人々』の最初の組曲に由来しています。日本人が二人参加。大野しほはオーヴェルニュ出身でシカゴで森 悠子に学び、その縁で長岡京室内アンサンブルに参加したことも。郡司和也は2010年のブルージュ国際古楽コンクールのチェンバロ部門で1位なしの第2位を受賞。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベルニエ:『メデ』
● ムレ:コンセール・ド・シャンブル
● ブルジョワ:『アリアーヌ』


 アンサンブル・ラ・フランセーズ
  マリー・ラマンデ(ソプラノ)
  オード・レスティエンヌ(フルート)
  大野しほ(ヴァイオリン)
  ジャン=バプティスト・ヴァルフェ(チェロ)
  郡司和也(チェンバロ)

 録音時期:2017年10月
 録音場所:リヨン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品