CD

成田博之 バリトン・リサイタル2012

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00471
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

朗々たるこの歌声を、あのバスティアニーニに届けたい。

成田博之は、現在オペラや男性6人によるユニット「ザ・ジェイド」などで活躍中のバリトンで、これがデビュー盤となります。幼少の頃からオペラを愛聴、中学生で劇中のアリアを歌ったというという早熟さで、まさに声楽家になるべくしてなったアーティストと言えるでしょう。その後、第8回日本声楽コンクール優勝、ミトロプーロス国際声楽コンクール最高位など、輝かしいプロフィールが加えられていきます。さて、イタリアが生んだ不世出のバリトン、バスティアニーニは1965年6月9日、東京文化会館で最後の来日リサイタルを行いました。爾来47年を経て、彼の年齢に追いついた成田博之が、まったく同日、同じプログラムを同じ会場(バスティアニーニは大ホール)で歌ったのが、当ライヴの記録です。敬愛する名歌手の足跡をたどり、その心情に寄り添うことで、成田博之は歌い手としての新たなる軌跡をスタートさせたのです。バリトンの中核とも言えるレパートリーを深々と歌い、最後カンツォーネで高らかに締めくくる、熱いライヴをお聞きください。(EXTON)

【収録情報】
・ドゥランテ:清いおとめ、愛の泉よ
・グルック:いとしい恋人よ(歌劇『パリデとエレーナ』より)
・ロッシーニ:テルのアリア『動いてはいけない』(歌劇『ウィリアム・テル』より)
・ロッシーニ:フィガロのカヴァティーナ『わたしは町のなんでも屋』(歌劇『セヴィリャの理髪師』より)
・ヴェルディ:ロドリーゴのアリア『私は死ぬ』(歌劇『ドン・カルロ』より)
・ヴェルディ:リゴレットのアリア『悪魔め鬼め』(歌劇『リゴレット』より)
・モーツァルト:ドン・ジョヴァンニのセレナード『窓べにいでよ』(歌劇『ドン・ジョヴァンニ』より)
・トスティ:セレナード、君をもう愛さない
・デンツァ:妖精のまなざし
・デ・クルティス:帰れ、ソレントへ
・カルディッロ:つれない心
・ディ・カプア:オー・ソレ・ミオ
・ジョルダーノ:ジェラールのアリア『国を裏切るもの』(歌劇『アンドレア・シェニエ』より)

 成田博之(バリトン)
 河原忠之(ピアノ)

 録音時期:2012年6月9日
 録音場所:東京文化会館小ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【成田博之 プロフィール】
バリトン歌手。宮城県古川市出身。高倉小学校、古川西中学校、古川高等学校卒業。国立音楽大学声楽科、同大学院オペラコース修了。文化庁オペラ研修所第10期修了。
 第8回日本声楽コンクール1位。第69回日本音楽コンクール3位。第5回藤沢オペラコンクール2位。2003年ミトロプーロス国際声楽コンクール(アテネ)最高位。文化庁在外派遣研修員としてイタリア・ボローニャにて研鑽を積む。サントリーホール・オペラ「トスカ」アンジェロッティ、錦織健プロデュース・オペラ「愛の妙薬」ベルコーレ、佐渡裕プロデュース・オペラ「カルメン」エスカミーリォ、二期会オペラ「ラ・ボエーム」マルチェッロ、「カプリッチョ」伯爵等に出演。クラシカル・クロスオーバー「The JADE ザ・ジェイド」のメンバー。アルバム「手紙」(EMI)を発売。二期会会員。国立音楽大学、尚美学園大学講師。(EXTON)

内容詳細

新国では颯爽たる舞台姿で脇を固め、ザ・ジェイドのメンバーとしても人気を博すバリトンのホープ成田博之。初のCDでは朗々たる美声を駆使したオペラ・アリアとイタリア歌曲でファンを惹き付ける。「ドン・カルロ」のアリアにおける役に没入した歌唱が実に立派だ。(彦)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 清いおとめ、愛の泉よ
  • 02. いとしい恋人よ
  • 03. テルのアリア「動いてはいけない」
  • 04. フィガロのカヴァティーナ「わたしは町の何でも屋」
  • 05. ロドリーゴのアリア「私は死ぬ」
  • 06. リゴレットのアリア「悪魔め鬼め」
  • 07. ドン・ジョバンニのセレナード
  • 08. セレナード、君をもう愛さない
  • 09. 妖精のまなざし
  • 10. 帰れ、ソレントへ
  • 11. つれない心
  • 12. オー・ソレ・ミオ
  • 13. ジェラールのアリア「国を裏切るもの」

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品