CD

イエスカノーカ イエルカドーカ

BOYA-G from 風林火山

基本情報

カタログNo
:
DNTK001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

日本語ラップシーン 時代はさんピンCAMP時代ど真ん中
見えなかった 届かなかった 福岡アンダーグラウンド25年前の1シーン

オリジナルトラックでライヴをするラッパーも数少なく、レコードを変えてはラップをのせ、幾つもの夜を繋ぐのが当たり前の時代。
2018年、長年の沈黙を破りBOYA-Gの代表曲の一つとも言える“イエスカノーカ イエルカドーカ”が遂に初音源化。当時から親交が深かったトラックメイカー:SUMICO PLUEが新たな息(音)を吹き込み、GOLDEN AGE HIP HOPをフラッシュバックさせる。

<TRACKLISTING>
1. イエスカノーカ イエルカドーカ(Original Version)
2. イエスカノーカ イエルカドーカ(Blue Plue Remix)
3. イエスカノーカ イエルカドーカ(Original Instrumental)
4. イエスカノーカ イエルカドーカ(Blue Plue Instrumental)
Track Produced by SUMICO PLUE

<BOYA-G>
93年、東京で活動するヒップホップ・グループ、B-FRESH、MICROPHONE PAGERなどから影響を受け日本語ラップを始める。のちに風林火山を自ら結成、現在新宿アンダーグラウンドで活躍するKILLah BEEN、大関、DJ Meteの3MC、1DJで地元福岡を中心に活動を開始。その後、アングラ現場主義を掲げる日本語ラップのイベント『月夜往来』を主宰。県内外のアーティストと大阪、東京のアーティストとの橋渡し役を務める。自身のプロデュースする『月夜往来』ではDJ KENSEIとZeebra、Kダブシャインからなる『キングギドラ』の福岡初ライブを成功させたのちBUDDHA BRANDのDEV LARGEやRHYMESTERの宇多丸、SOUL SCREAMのE.G.G. MAN、LAMP EYEのRINO LATINA II、DJ YAS、HILL THE IQ、CO-KEY、三木道三、DJ KENSAW、DJ BEN THE ACE等の中央のヒップホップアーティストとの共演を果たし、餓鬼レンジャーやBUDDY(現まむしMC’s) と共に地元九州のシーンを牽引した。6年に渡る活動後の98年にグループは解散、その後はDJとして活動。

<SUMICO PLUE>
インストゥルメンタルを軸にヒップホップ、ジャズ、フュージョン、ソウル、レアグルーヴなどジャンルレスに音を巧みに織り交ぜて独自のセピアゴールド・グルーヴを創りだす福岡在住のDJ/Beatmaker/Hip Hop Producer(DABOES5159、Tha Redsun)。自身で音楽レーベル:BEETZLIBRARY(ビーツライブラリー)を主催する。プロデュースワークでは、DJ感覚の音作に重点を置き、生楽器も取り入れたりし多種多様なサウンドプロダクションで、メジャー、アンダーグラウンド問わず主にヒップホップシーンで活躍するアーティスト(餓鬼レンジャー、ハタナイ総裁、まむしMC's、他)などにオリジナルトラックを提供し暗躍している。


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

90年代より福岡アンダーグラウンド・シーンで活躍した風林火山BOYA-Gの名曲が初CD化。SUMICO PLUEが編み出す、泣きのピアノのフレーズとビートのみというシンプルなトラックの上で、かみ砕くようなライムを聴かせる。オリジナル・ヴァージョンとジャジィなリミックスに加えて各曲のインストも収録。(伊)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. イエスカノーカ イエルカドーカ (Original Version)
  • 02. イエスカノーカ イエルカドーカ (Blue Plue Remix)
  • 03. イエスカノーカ イエルカドーカ (Original Instrumental)
  • 04. イエスカノーカ イエルカドーカ (Blue Plue Instrumental)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヒップホップ/レゲエ に関連する商品情報

おすすめの商品