CD

Every Single Day COMPLETE BONNIE PINK (1995-2006)

BONNIE PINK

基本情報

カタログNo
:
WPCL10320
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
グレイテストヒッツ

商品説明

2005年9月にデビュー10周年を迎え、2006年には映画『嫌われ松子の一生』で初の女優デビューするなど、精力的に活動中のBonnie Pinkがポニーキャニオン〜ワーナー時代すべてを総括したコンプリートベストをリリース!

ポニーキャニオン時代にリリースしたシングル全9曲とワーナー時代の全13曲、そしてBonnie Pinkのオリジナルインディーズレーベル『Pinxter』からリリースされたライブ盤『Pink In Red』収録の新録曲1曲、シングルのカップリングでアルバム未収録の人気曲4曲とアルバム未収録の3曲、アルバム表題曲1曲の計28曲収録!


※HMVサイト上で告知しておりました、シングル「a Perfect Sky」とアルバム「Every Best Day」のW購入応募特典は中止となっております。大変申し訳ございませんが何卒ご了承くださいませ。

内容詳細

ヒット曲[1](1)、話題の[2](14)、映画『嫌われ松子の一生』テーマ・ソング[2](11)を含む、珠玉のコンプリート・ベスト2枚組全28曲。デビューから10年。惚れ惚れする完成度の高さと充溢感、タイミング。まさにポップスの神様に祝福された誉れの一枚!★(藤)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マエに、DVD。付き。!。買って 、うれし...

投稿日:2007/06/19 (火)

マエに、DVD。付き。!。買って 、うれしくて。書き込みしたら、 いつの間にか、消えちゃった。 けど、最高。!!!。

Pony Pink。 !  さん | Japan。 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
Jポップのフィールドの中で彼女の位置付け...

投稿日:2007/05/05 (土)

Jポップのフィールドの中で彼女の位置付けはどの辺なんだろう。このベスト・アルバムを通して聴くと…たしかに時期的な違いはあるが、80年代後半からのネオアコ風のグルーヴ感を面白く調理しながら少しづつポップに変化しているのが面白い。彼女のビギナーでもトータルで聴いて気に入った楽曲があれば、その曲が収録されているオリジナル・アルバムを購入すればガッカリはしないだろう。あくまでJポップだが…DVDはなかなか楽しい。限定盤だった(Pink in Red)の頃に比べて身体のラインがシャープになっている所に乙女心を感じる。

0
★
★
★
★
★
今の日本の音楽界に”アーティスト”と呼べ...

投稿日:2007/04/21 (土)

今の日本の音楽界に”アーティスト”と呼べるひとは少ない、ってかほとんどいない、でも、bonnie pinkは紛れもなくアーティストだ。しかもその中でもずば抜けていると思う。歌詞がすばらしい、どうしたらこんなにリアルな詞が書けるんだろう。洋楽しか聴かなかった僕をひきつけて離さない。  

blue s さん | yokohama | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

BONNIE PINK

ピンク色の頭で一時話題となったBonie Pink。まさにアーティスト名そのままだが、そのHeaven’s kitchenあたりから注目を集める。スウェーディッシュ・ポップなトーレ・ヨハンソンや、Tom Grimley、ミッチェル・フルーム、アンソニー・ジョンソンなど才能あるプロデューサーを、的確に起用しているのも彼女の才能のひとつ。伸びやかな歌声と、柔軟に対応するスタンス、なにより彼女の存在感が

プロフィール詳細へ

おすすめの商品