BECK

BECK (ベック) レビュー一覧

BECK | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

320件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • このアルバムは確か秋ごろに聴いていたと思うのですが...

    投稿日:2021/03/17

    このアルバムは確か秋ごろに聴いていたと思うのですが、その季節にとてもマッチしていた思い出があります。BECKが紡ぐ独特の浮遊感があって、夢のような世界にいざなわれて、一度聴くと手放せなくなるアルバムだと思います。

    プリンアラモード さん |30代

    0
  • リリースされてからあと数年で20年にもなるのに輝き...

    投稿日:2021/03/08

    リリースされてからあと数年で20年にもなるのに輝きが増すばかり...素晴らしい名盤

    ポポ さん |40代

    0
  • ジェフがつく方はよー知っとぉけど、なんじゃこのジャ...

    投稿日:2019/12/01

    ジェフがつく方はよー知っとぉけど、なんじゃこのジャケ、セリカやないか!カタカナ? 気に入った、発注リスト入りじゃ!

    ホーペ さん |50代

    0
  • このアルバムは、最後まで眠らずに聴き終わるのは至難...

    投稿日:2014/12/12

    このアルバムは、最後まで眠らずに聴き終わるのは至難の技ですね!寝つきの悪い方には、是非お勧めです!

    吉岡富万 さん |40代

    1
  • 作品ごとに違う表情や趣を見せてくれるBECK。サイケデ...

    投稿日:2013/08/08

    作品ごとに違う表情や趣を見せてくれるBECK。サイケデリックな雰囲気の中、重いビートなんだけどふわふわと体が揺れる感覚。BECK流ソングライティングは流石。

    太陽の塔 さん |30代

    0
  • 1998年作品。レディオヘッドのナイジェル・ゴドリッチ...

    投稿日:2012/10/06

    1998年作品。レディオヘッドのナイジェル・ゴドリッチをプロデュースで前作からスタート・ポイントに回帰したようなサウンドに仕上がっている。プロデュースが実に冴えてる。 つまり、『LOSER』の頃のベックはギター片手に歌っているようなサウンドだったが、進化したベック・サウンドはベック特有のフォークに根ざしなから、エレクトリックと雑音が入り交じったサウンドが見事に組み上がったものだ。本作はそのエレクトリック部分を除いた元のベック・サウンドになっている。そしてそこにレディオ・ヘッドを彷彿とさせる音の組成がある。それが好きかどうかでこのアルバムの評価は割れるだろう。もちろん、僕は大好きである。 何となくトム・ヨークのポジションにすり替わったベックを感じてしまう。素晴らしい錯覚かもしれない。

    ぎゃらがー さん

    0
  • カントリー基盤にしたロックともポップスともヒップホ...

    投稿日:2012/10/06

    カントリー基盤にしたロックともポップスともヒップホップつかないごちゃごちゃサウンド! 最高にクールです!

    ぎゃらがー さん

    1
  • ブルースやジャズやカントリーなど、アコースティック...

    投稿日:2012/06/28

    ブルースやジャズやカントリーなど、アコースティックなサウンドにこだわった作品で、毎作独創的な作品を生み出すベックにしては、とても温かみがありアメリカの片田舎を連想させるアコースティックでシンプルな1枚。

    太陽の塔 さん

    0
  • この作品に無駄な音はいっさいない。だからと言ってシ...

    投稿日:2012/01/23

    この作品に無駄な音はいっさいない。だからと言ってシンプルな訳じゃない。言うならばミッドセンチュリーで統一し整理整頓された部屋。イームズの椅子など主張しすぎないハイセンスなモノなどが、あるべき場所にある。そんな日常にある異空間がこの52分間に詰まっている。

    太陽の塔 さん

    0
  • '94年発表。今なおツイステッド・フォークの名盤として高い評価を...

    投稿日:2010/04/30

    '94年発表。今なおツイステッド・フォークの名盤として高い評価を受ける作品が、15年の時を経てベック本人の手によりデラックス盤として再発。同時期のセッションからの発掘音源13曲を含む16曲のボーナス・トラックを収録した全32曲。そこには近年のツアーでも演奏されてる「アスホール」「ホロウ・ログ」や02年発表の『シー・チェンジ』収録曲「イッツ・オール・イン・ユア・マインド」の初期バージョンもあり、ベックのルーツを垣間見れます。ちなみに本作は彼の作品中、唯一午前中にレコーディングされたもので「半分寝ぼけてる雰囲気が出てる」ボーカルも要チェック。

    madman さん |30代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%