CD

Mutations

BECK (ベック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MVCF24047
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
オリジナル盤発売年
:
1998
フォーマット
:
CD

商品説明

色んな音楽を咀嚼、消化、吸収してつくられた待望のアルバム。メジャーとインディーの境界をこえて軽々と見せてくれる彼の世界はまさに音の万華鏡。ブルース、カントリー、ラウンジといった音楽もベックというフィルターを通すと唯一無二のものになります。90年代を生きる全ての人に聞いてもらいたい音楽です。

内容詳細

元々はインディーズからの発売を目論んで制作されたという、実に生々しくエモーショナルな作品。『オディレイ』で時代の先頭に躍り出た彼が自室に引きこもった“素”の姿が真空パックされたかのような、あくまでパーソナルで“歌モノ”な一枚。★(増)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. コールド・ブレインズ
  • 02. ノーバディズ・フォルト・バット・マイ・オウン
  • 03. レイジー・フライズ
  • 04. キャンセルド・チェック
  • 05. ウィ・リヴ・アゲイン
  • 06. トロピカリア
  • 07. デッド・メロディーズ
  • 08. ボトル・オブ・ブルース
  • 09. オー・マリア
  • 10. シング・イット・アゲイン
  • 11. スタティック
  • 12. エレクトリック・ミュージック・アンド・サマー・ピープル(日本盤のみ収録ボーナス・トラック)
  • 13. ダイアモンド・ボロックス
  • 14. ランナーズ・ダイアル・ゼロ(インターナショナル・ボーナス・トラック)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
17
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1998年作品。レディオヘッドのナイジェル・...

投稿日:2012/10/06 (土)

1998年作品。レディオヘッドのナイジェル・ゴドリッチをプロデュースで前作からスタート・ポイントに回帰したようなサウンドに仕上がっている。プロデュースが実に冴えてる。 つまり、『LOSER』の頃のベックはギター片手に歌っているようなサウンドだったが、進化したベック・サウンドはベック特有のフォークに根ざしなから、エレクトリックと雑音が入り交じったサウンドが見事に組み上がったものだ。本作はそのエレクトリック部分を除いた元のベック・サウンドになっている。そしてそこにレディオ・ヘッドを彷彿とさせる音の組成がある。それが好きかどうかでこのアルバムの評価は割れるだろう。もちろん、僕は大好きである。 何となくトム・ヨークのポジションにすり替わったベックを感じてしまう。素晴らしい錯覚かもしれない。

ぎゃらがー さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブルースやジャズやカントリーなど、アコー...

投稿日:2012/06/28 (木)

ブルースやジャズやカントリーなど、アコースティックなサウンドにこだわった作品で、毎作独創的な作品を生み出すベックにしては、とても温かみがありアメリカの片田舎を連想させるアコースティックでシンプルな1枚。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
'98年発表。「オディレイ」からたっぷり2年ぶりの...

投稿日:2009/08/04 (火)

'98年発表。「オディレイ」からたっぷり2年ぶりの本作!ベックの場合、「メロウ・ゴールド」とか「オディレイ」のような、わりと派手に作り込んだアルバムはメジャーのゲフィンから、より簡素なアコースティック・アルバムはインディーのボング・ロードからそれぞれリリースしていたが、今回はその中間っぽい仕上がりだ。実際、最初はボング・ロードからのリリースを予定していたものだとか。そういう意味では"地味になったな"と感じるリスナーが多いかもしれない。けれども、たとえば前2作のローファイでハイパーなファンキー・ルーツ・ロックのような世界の背後にぴったりと潜んでいた、内省的なシンガー・ソングライターとしてのベック像を感知していた人なら、まったく問題なし。ベックが本盤で提示する新しい世界観にも無理なくとけ込むことができるはずだ。 今回はサンプラーもコンピュータもなし。レディオヘッドとの仕事で一躍名を馳せたナイジェル・ゴッドリッチのプロデュースのもと、過去に書きためた曲をかき集め、ほんの2週間スタジオにこもってほぼ一発録りでレコーディングされたという12曲。ベックは間違いなく、ヴィック・チェスナットやロン・セクスミス、エリオット・スミスらと並ぶ……いや、彼らから頭ひとつ抜きんでた素晴らしい新世代シンガー・ソングライターなのだなと思い知らせてくれる。基本的にはアコースティカルな1枚だが、フォーク、カントリーの要素だけでなく、ジャズ、ボサノバなど幅広い音楽性が見え隠れするのは相変わらず。いい曲、多いぞ。正攻法が彼の才能のでかさをさらに浮き彫りにする。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

BECK

1990年代から現在に至るまで第一線で活躍を続け、名実ともにアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティストとして確固たる人気を誇る。94年に発表した「ルーザー」が全米モダン・ロック・チャートで5週連続1位を獲得。96年に発表した『オディレイ』でグラミー賞2部門を受賞。08年に発表した 『モダン・ギルト』が全米4

プロフィール詳細へ

BECKに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品