CD 輸入盤

High Land Hard Rain

Aztec Camera (アズテック・カメラ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
92
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

In his new liner notes for this re-issue, David Fricke calls HIGH LAND, HARD RAIN 'ten songs of anxious yearning, romantic urgency, big hurt and hard-won learning, distilled into compact dramas of buckskin-folk jangle and skewed-pop elegance.' We call it the one of the greatest debut albums in the history of rock 'n' roll. That it was written and conceived by mastermind Roddy Frame when he was nineteen years old, defies all logic and sense of fair play. Completely re-mastered from the analog tapes this deluxe 30th anniversary edition of HIGH LAND, HARD RAIN will not disappoint.

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Oblivious
  • 02. The Boy Wonders
  • 03. Walk Out to Winter
  • 04. The Bugle Sounds Again
  • 05. We Could Send Letters
  • 06. Pillar to Post
  • 07. Release
  • 08. Lost Outside the Tunnel
  • 09. Back On Board
  • 10. Down the Dip

ディスク   2

  • 01. Pillar to Post (Single Version)
  • 02. Queen's Tattoos
  • 03. Orchid Girl
  • 04. Haywire
  • 05. Walk Out to Winter (John Brand Version)
  • 06. Walk Out to Winter (Tony Mansfield Version)
  • 07. Oblivious (Colin Fairley Remix)
  • 08. Oblivious (Langer/Winstanley Remix)
  • 09. Oblivious (US Remix)
  • 10. Back on Board (Live on CFNY)
  • 11. Walk out to Winter (Kid Jensen Session)
  • 12. Down The Dip (Kid Jensen Session)
  • 13. Back On Board (Kid Jensen Session)
  • 14. Release (Kid Jensen Session)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
19
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
祝日本盤¥1380!今更何の衝撃もないけど ...

投稿日:2013/05/29 (水)

祝日本盤¥1380!今更何の衝撃もないけど 持っとかなきゃいけない作品でしょ、ワーナーは日本盤で (Expanded Edition) を出さないと(廉価希望)犯罪でしょ! あとロディーを日本に住ませてビッグインジャポン! 日本なら一生食えるし契約もとれる、何はともあれ18歳の男子が 作ったとは思えない傑作!若者たちには何かを感じ取れるハズ!

SASSY さん | 長崎県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ネオアコの定番といえばこれ。出てきたとき...

投稿日:2008/01/14 (月)

ネオアコの定番といえばこれ。出てきたときは衝撃でした。

ランブルいなくて良かった さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
「永遠のEver Green」、そんな瑞々しさを20...

投稿日:2007/09/22 (土)

「永遠のEver Green」、そんな瑞々しさを20数年経ったいまも本作から感じる。パンク、ニュー・ウェイヴが終焉しエレクトロ・サウンドが全盛にあった83年にこのアルバムには、懐かしさというより新しさがあった。このアルバムの中の、アコースティック・ギター中心のサウンド、そしてなによりも「うた」への志向性が、70年代を知らない私には全く新しく聴こえた。それは今も変わらない‥‥ 

マサ・伊藤 さん | 岩手県 小岩井農場 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Aztec Camera

アズティック・カメラといえば、「ギター・ポップ」の代名詞的存在。「ギター・ポップ」と喩えられるバンドはみな、甘酸っぱい、メロディを重視し、それでいてどのバンドにも特徴的なフレイヴァーがあったりして、何時何度聴いても胸がキュンとなる瞬間がある。ロディ・フレイム率いるアズティック・カメラは、そんな青春のひとこまのような甘酸っぱいメロディを奏でる、青春時代をともにした親友のようなバンドである。

プロフィール詳細へ

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品