CD 輸入盤(国内盤仕様)

That's The Stuff

Autograph (オウトグラフ*オートグラフ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CANDY063OBI
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
追加情報
:
直輸入盤、帯・ライナー付国内仕様

商品説明

(メーカー資料より)
永らく廃盤状態だった85年発表2ndアルバムがRock Candy Recordsから再発!!

タイトル曲を始め、これぞ80年代のメインストリーム・メロディアス・ハード・ロック・サウンドと言える佳曲揃いの名盤。タッピングの名人と言われたSteve Lynchのプレイも随所でらしさを発揮(特にインスト曲"Hammerhead"では得意のタッピングが大炸裂!!)。Steve Plunkettのヴォーカルもブ厚いコーラスもキーボードを入れたポップなメロディも、まさにL.A.メタル/アメリカン・ハード・ロックと言える作品。

"Six String Fever"が収録されたオリジナル盤での再発で、CDでは"Six String Fever"と差し替えられたGRAND FUNK RAILROADのカヴァー"Were An American Band"がボーナス・トラックで収録。デジタル・リマスター。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
いろいろゴチャゴチャいわんと、楽しく聴き...

投稿日:2010/01/13 (水)

いろいろゴチャゴチャいわんと、楽しく聴きましょう。当時、この手のバンドは腐るほど、いましたよ。この頃あたりからMTVの影響もあり、メタルバブルになりましたね。 私の見解としては、AUTOGRAPHはこの2枚目がよろしいかとおもいます。 24Bitデジタルリマスターなので、音良し。 さすが、リマスター処理に定評あるロックキャンディーさん 今年、バットランズ再発も期待。

oyaji さん | 不明 | 不明

4
★
☆
☆
☆
☆
ライナーノーツに、ルックスが地味で、ブレ...

投稿日:2010/01/04 (月)

ライナーノーツに、ルックスが地味で、ブレイクしそこねた様な表現が有りましたが、それ以前に、楽曲の出来がいまいちと言うか、いい楽曲が少ししか書けなかったと言った方が、的を射てませんか? “THAT'S THE STUFF”には、キャッチーさが有り、ナイスな感じだが、その後全滅だよね。サウンド・プロダクションもゴージャスなだけに、勿体無い…。同じ'85年に発表された、「UNDER LOCK AND KEY」/DOKKEN 「WITHOUT LOVE」/BLACK N BLUE 「NIGHT OF A CRIME」/ICON等と比べると、やっぱりワンランク下にいたよ、このバンドは。兎に角楽曲が弱い!

3
★
★
★
★
☆
スティーブ リンチのギターが最高です。こ...

投稿日:2003/02/18 (火)

スティーブ リンチのギターが最高です。このバンドの最高傑作だと思います。

ana さん | 横須賀 | 不明

2

Autographに関連するトピックス

  • 再結成 AUTOGRAPH 新作! ギタリストのスティーヴ・リンチを中心に新ヴォーカリストを迎え再結成した懐かしのUSハードロックバンド、AUTOGRA... |2017年06月22日 (木) 15:20
    再結成 AUTOGRAPH 新作!

おすすめの商品