CD

Asura

Asura (US) (アスラ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ARTMOA016
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ, 3ボーナストラック

商品説明

Flying Lotus を筆頭に昨今、異様な盛り上がりを見せるLA シーンに現れた新星。Mary Anne Hobbs のBBC ラジオ番組にフィーチャーされ、LA を代表するパーティーLow End Theory にも何度か出演している、LA を活動拠点にするRyan York のプロジェクトAsura。名前は、宮沢賢治の「春と修羅」(英題"Spring and Asura")に由来しており、また賢治自身がそこで名付けた 「心象スケッチ」の手法を意識し、日常的な神秘や湧き出る感情を音に記録している。デビューアルバム『Asura』は、2010 年1 月にLA の新興レーベルNon Projects よりLP オンリーでリリース(デジタルはAlpha Pup Recordsより配信)。イギリスのオンライン・ショップboomkat のAlbum of the Week にセレクトされ、50 枚が即完売したという。Aphex Twin、 Chris Clark、 Boards Of Canada などイギリスはWARP のアーティストに対する、ロスアンゼルスからの回答とも言えるような先鋭的なエレクトロニカ・アプローチから、ドリーミーなインディースタイル・ビート(今風に言えばGlo-Fi 系)、生楽器や女性ヴォーカルをフィーチャーしたオーガニックで美しいアンビエントまで展開。アルバムには、女性ヴォーカリスト兼ハープ奏者のAna Caravelle とNon Projects のレーベル・オーナーBrian Simon のプロジェクトAnenon がリミックスで参加し、マスタリングはLow End Theory を主催するLA シーンのキーマンDaddy Kev が担当している。流通が全く無く日本で入手することは不可能であったLP アルバムに、ボーナストラック3 曲を収録し待望の初CD 化!Shlohmo やBaths と並ぶLA 期待の星に是が非でも注目して頂きたい!

<メーカー資料より>

内容詳細

LAをベースにするライアン・ヨークのプロジェクト(宮沢賢治の詩“春と修羅”から付けられたという)のデビュー作。エレクトロニクスだけでなくアコースティックの要素もうまくミックスした、繊細かつ美しいサウンドだ。また、エスニックだったり、さまざまな表情を見せる。(関)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Asura I
  • 02. Peptine
  • 03. I Saw You In Vice (Anenon Birthday Remix)
  • 04. Orrorin
  • 05. Asura II
  • 06. From The Beach
  • 07. Manzanita
  • 08. Voxels
  • 09. Asura III
  • 10. Her Tearing
  • 11. Timber (with Ana Caravelle)
  • 12. The Eleventh
  • 13. Feathers
  • 14. Once Before Riot
  • 15. Bears
  • 16. Wait

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

おすすめの商品