CD

グラヴィタス〜荘厳なる刻 【通常盤CD】

Asia (エイジア)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VQCD10364
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤

商品説明

ジョン・ウェットン、ジェフ・ダウンズ、カール・パーマーに新鋭ギタリスト、サム・コールソンを迎えた新生“エイジア”がついに動き出す!ロジャー・ディーンによる最新ビジュアルで装いもあらたに、さらなる進化を遂げたニュー・アルバムが日本先行でリリース!

【日本先行販売/日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説封入/歌詞・対訳付】


【商品説明】
常に進化(プログレス)してきたロック・バンド、エイジア。ジョン・ウェットン、ジェフ・ダウンズ、カール・パーマーが2014年、新ギタリスト:サム・コールソンを迎えて時を詠むアルバムが『グラヴィタス〜荘厳(そうごん)なる刻(とき)』だ。

結成30周年を記念するジャパン・ツアーを2012年9月に行った後、スティーヴ・ハウが脱退。だが、キング・クリムゾンやイエス、EL&Pなどでプログレッシヴ・ロックの土台を築き上げてきたメンバー達はすぐに新曲を書き始め、同時に後任ギタリスト探しに入る。

新メンバーとして加入することになったサム・コールソンは1987年生まれのイギリス人ギタリスト。エイジア結成よりも若い彼はポール・ギルバート(Mr.BIG)やウォルター・トラウトにその実力を認められて頭角を現し、バンドに迎えられることになった。彼のハードなエッジを持つリフとテクニカルなリード・プレイは、エイジアに新たな生命を吹き込んでいる。

そうして完成した『グラヴィタス〜荘厳(そうごん)なる刻(とき)』は、オリジナル・エイジアのプログレッシヴ・ロマンを受け継ぎながら、若き息吹を取り戻した作品だ。新たな代表曲のひとつになるであろう「ワルキューレ」から、スケールの大きなエピック・ロック「グラヴィタス」、クラシカルなコード進行で魅了する「ロシアン・ドールズ」、優美なバラード「ジョー・ディマジオズ・グローブ」まで、ドラマチックな美学が貫かれている。

さらに日本盤のみ「ロシアン・ドールズ」アコースティック・ヴァージョンを加えて、アルバム本編と異なる世界観を提示する。

【メンバー】
ジョン・ウェットン(ベース/ボーカル)
ジェフ・ダウンズ(キーボード)
カール・パーマー(ドラムス)
サム・コールソン(ギター)

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ジョン・ウェットン在籍時最後のアルバムと...

投稿日:2021/03/02 (火)

ジョン・ウェットン在籍時最後のアルバムとなってしまいましたが、そのせいかエイジアというよりウェットン/ダウンズのアルバムを聴いているような落ち着きのある楽曲とアレンジが続くので1stの明るくダイナミックな楽曲を求めている方には物足りないかもしれません。

bluecloud さん | 大阪府 | 不明

0

Asiaに関連するトピックス

おすすめの商品