蒼き鋼のアルペジオ 4 YKコミックス

Ark Performance

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784785937263
ISBN 10 : 4785937262
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
追加情報
:
222p;18

内容詳細

遂に群像の父・翔像の差し金である霧の艦船U−2501が接触!無敗のイ401最大の危機!?
メンタルモデル対人間の闘いが始まる!
SF海洋ファンタジー激動の最新刊!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    なんだかコミカルな展開が多かった。ニイタカヤマノボってもいいのよ?w

  • イーダ さん

    あちこちで恋愛事も起きてきて色々楽しみになってきました。ハルナとタカオがかわいいなあ。ナノマテリアル使ったハルナはちょっと縮んじゃったんでしょうか?あのボディが失われるのはちょっと惜しいんですが・・・ヤマトとナガトはメンタルモデルがふたり居るって事でいいんでしょうか?群像の思い人がヤマトそっくりなのは何か意味があるのか?先が楽しみでたまりません。

  • マーム さん

    冒頭のイ401とU-2501との闘いは見応えがありました。これぞ潜水艦戦という感じ。人類の敵となった千早翔像ですがその真意は未だ不明。どうやら霧の艦隊も一枚岩ではない様子ですがそれは人類側も同じ。コートの下はランジェリーというハルナがそのコートを蒔絵に取り上げられあたふたしている姿はかわいい。そして、タカオの妄想システムにはくすり。まったくメンタルモデルとは何なのでしょうか?最後に天羽琴乃というキーパーソンの名前が出てきて、謎は尽きません。それにしてもArk Performanceは絵が上手いと思います。

  • みくきのこ™ さん

    ハルナ回。人間のお友達はできるのか

  • 河瀬瑞穂@トマト教司祭枢機卿@MMM団団長 さん

    押しかけ女房タカオ頑張れ(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品