LPレコード 輸入盤

Amazing Grace: The Complete Recordings (4枚組/180グラム重量盤レコード)

Aretha Franklin (アレサ・フランクリン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0349.785419
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

魂に響く、至上の愛。
2018年8月16日、惜しくもこの世をさってしまった「ソウルの女王」アレサ・フランクリン。その彼女の今や伝説となっている1972年1月、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたライヴを完全収録した音楽ドキュメンタリー『至上の愛 〜チャーチ・コンサート 〜<完全版>』が4枚組アナログLPで登場!


■ 2018年8月16日、惜しくもこの世をさってしまった「ソウルの女王」アレサ・フランクリン。その彼女の今や伝説となっているライヴの完全版が、アナログ・レコードとして初めてリリースとなる。1972年1月13日、14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたライヴを収録した『AMAZING GRACE』。同年6月1日に13曲入りのアルバムとして発表されたこのライヴ・アルバムはアメリカのみで200万枚以上の売り上げを記録し、アレサにとって最も売れたアルバムの1枚となっただけではなく、史上最高のゴスペル・アルバムとして今も尚輝き続けている。

■ 今や伝説ともなっている、その1972年のライヴが“完全版”としてCD化されたのは、1999年の事。コーネル・デュプリー(g)、チャック・レイニー(b)、バーナード・パーディ(ds)、ケン・ラッパー(org)、パンチョ・モラレス(perc)に加え“サザン・カリフォルニア・コミュニティ・クワイア(聖歌隊)”をバックに、牧師を父に持つアレサが自らのルーツである“ゴスペル”を感動的に歌い上げた2日のライヴを、未編集のドキュメンタリーとして、またリマスター音源として完全収録。観客が挙げる歓喜の声も含め、最初から最後まで教会にいるような臨場感が伝わってくる作品である。

■ その感動的な夜が遂に映像で蘇る!このニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会でのライヴは、ドキュメンタリー映画として撮影されており、その時監督を務めていたのは、映画『トッツィー』や『愛と哀しみの果て』で知られる、アカデミー賞も受賞したシドニー・ポラック。しかしこの時撮影された映像は、音と映像を同期することが出来ないという技術的な問題な問題で長年お蔵入りになっていたが、テクノロジーの発展とともに、その問題も解決され、映画は完成。その後アレサ側から上映中止を求められたが、昨年2018年11月、アレサ・フランクリン・エステートから上映の合意を得たとのことで、ニューヨークの映画祭でプレミア上映された。そして2019年4月、遂にドキュメンタリー映画『AMAZING GRACE』が全米公開となる。

■ 音楽映画史に燦然として輝く名作として語り継がれること間違い無しの映画『AMAZING GRACE』。そのサウンドトラックとも呼べる、名盤『至上の愛 〜チャーチ・コンサート 〜<完全版>』。180グラム重量盤の4枚組アナログLPで遂に発売となる。
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Organ Introduction (On Our Way)
  • 02. Opening Remarks
  • 03. On Our Way
  • 04. Aretha’s Introduction
  • 05. Wholy Holy
  • 06. You’ll Never Walk Alone
  • 07. What A Friend We Have In Jesus
  • 08. Precious Memories
  • 09. How I Got Over

ディスク   2

  • 01. Precious Lord, Take My Hand/You’ve Got A Friend
  • 02. Climbing Higher Mountains
  • 03. Give Yourself To Jesus
  • 04. Amazing Grace
  • 05. My Sweet Lord (Instrumental)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Aretha Franklin

"レディ・ソウル"アレサは14歳でデトロイトのJVBから遂にシンガー・デビューを果し、1960年、CBSコロンビアから「Today I Sing The Blues」で正式デビュー。66年アトランティック・レコードと契約、67年シングル「Respect」で名実共にR&B界の”女王”として君臨。68 年から70まで3年連続でグラミー賞最優秀R&B女性アーティストを受賞。70年代にも、サイモン&ガー

プロフィール詳細へ

Aretha Franklinに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品