CD 輸入盤(国内盤仕様)

Introduction To Anne Briggs

Anne Briggs (アンブリッグス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TPR5473
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

イギリスの老舗トピック・レコードの新たな入門編シリーズから
英国を代表する2人の女性フォーク歌手が登場!

 今年で創業79年、イギリスのトラディショナル・ミュージックの歴史においてなくてはならない老舗レーベル、トピック・レコーズが、英フォークの入門に最適な編集盤のシリーズ〈イントロデューシング〉シリーズを発足させました。2017年10月に第一弾としてリリースされたのは、シャーリー・コリンズのベスト・アルバムと、英フォークの歴史を振り返る2枚組コンピレーションの2作。両作品ともに高い評価を得て、英国音楽におけるトピック・レコーズの重要性を改めて認識させてくれたのも、記憶に新しいところです。今回〈イントロデューシング〉シリーズ第二弾としてリリースされるのは、2名の女性フォーク歌手。活動時期こそ異なりますが、両名ともトピック・レコーズの看板歌手であり、またUKフォーク史上の最重要アーティストに数えられる二人です。
 “ブリティッシュ・フォークの永遠の恋人”と称され、バート・ヤンシュやリチャード・トンプソン、ジミー・ペイジらのブリティッシュ・フォーク/ロック・ミュージシャンたちに多大なる影響を与えたアン・ブリッグス(1944〜)。そのフォトジェニックな容姿から今も人気の高い彼女は、若かりし頃からブリティッシュ・リヴァイヴァルのシーンに身を置き、イワン・マッコールやL.A.ロイドらのそのシーンの中心人物に可愛がられてきました。1962年18才の時にトピック・レコーズのオムニバス盤のために様々な伝承歌の吹き込みを行い、歌手デビュー。その後、1971年に初のアルバム『アン・ブリッグス』を、翌年には自作曲を中心とした唯一のメジャー・リリース作品『森の妖精』をリリースします。そして73年に再びレコーディングに入りますが、アンは自身の歌唱に満足出来ずお蔵入り、丁度第二子を妊娠していた彼女はそのまま引退してしまいました。本作は、彼女がトピックからリリースしたEPやアルバムの収録曲の他、96年になって初めてリリースされた幻の73年録音作の楽曲を収録。伝承歌歌手、そしてシンガー・ソングライターという彼女の両面を楽しめます。
 そのアン・ブリッグスの歌を聴いてフォーク歌手となり、その後を継ぐようにシーンの中心的存在となったのがジューン・テイバー(1947〜)です。1976年にスティーライ・スパンのマディ・プライアと組んだデュオ、シリー・シスターズのアルバムが大ヒットを記録、UKフォーク・シーンの垣根を越えて大きく注目を浴び、同年にトピックから初のソロ・アルバムをリリースしました。その後、ソロ・キャリアを順調に重ね、多くの名作アルバムを発表。80年代〜90年代には国内盤も多数発売されていました。本作は76年の初ソロ・アルバムからソロとしての現時点での最新作『浜辺へ』(2011)までの作品から満遍なく選曲。シリー・シスターズの二作目やオイスター・バンドとの共演名義作(ジェイムス・カーのカヴァー)からも選曲されています。彼女のディスコグラフィの多くをリリースすてきたトピックだからこそ制作出来た、オール・タイム・ベストです。
 彼女達の歌に初めて触れる方に最適な内容の2作。二人の歌に、是非この機会に触れてみてください。
(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

1962年にデビュー、その10年後には引退した英フォーク歌手の編集盤。リチャード・トンプソンやジューン・テイバー、ジミー・ペイジらに影響を与え、ギリシャの弦楽器ブズーキを伴奏に導入したという彼女はまさにUKトラッド・シーンの礎。無伴奏で歌われる伝承歌は祈りのように静謐で美しい。(園)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. The Recruited Collier
  • 02. The Doffing Mistress
  • 03. Polly Vaughan
  • 04. Rosemary Lane
  • 05. Gathering Rushes In The Month Of May
  • 06. The Stonecutter Boy
  • 07. Blackwater Side
  • 08. Go Your Way (My Love)
  • 09. The Cuckoo
  • 10. Reynardine
  • 11. Young Tambling
  • 12. Maa Bonny Boy
  • 13. Sing A Song For You
  • 14. The Bonambuie
  • 15. Tongue In Cheek

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
Bert Janschの元恋人(余計なお世話)でBri...

投稿日:2018/05/29 (火)

Bert Janschの元恋人(余計なお世話)でBritish folkシーンに影響力のあったとされる歌姫Ann Briggs。シングルジャケ、帯(!ただしこのシリーズ共通)付、DL券無し、レーベルはTopicで、CBSのTime has come’71からは一曲も入って無いのでベストとは呼べない。A面は’60年代録音、無伴奏。Iron Muse(コンピ)’63,Hazards of Love’64(EP),Birds in the Bush’66から各二曲ずつ。音はノイズ少なく、センス良く補正されてるが、声を張り上げるところで少し歪む。盤面でボソッという箇所有り。B面はAnn Briggs’70から五曲、時々guitarとbouzoukiの伴奏がはいる。最後にSing a Song for You’96(録音は’73年、これのみ元のレーベルはFledg’ling)からフルバンドの同名曲一曲。まだ一回しか通しで聞いてないので何とも言えないのだが、Ann Briggsは初期もなにも寡作でオリジナル盤がレアで高価なのでおまけで四つ星。

kz さん | 愛知県 | 不明

0

Anne Briggsに関連するトピックス

  • アン・ブリッグスの初期作品集 名盤『森の妖精(The Time Has Come)』で知られる、UKトラッド・フォークの歌姫アン・ブリッグスの初期... HMV&BOOKS online|2018年01月10日 (水) 15:20
    アン・ブリッグスの初期作品集

おすすめの商品