Anna Maria Jopek

Anna Maria Jopek (アナマリアヨペック) レビュー一覧

Anna Maria Jopek | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

12件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • パット・メセニーとのコラボアルバム『UPOJENIE』で、...

    投稿日:2009/11/29

    パット・メセニーとのコラボアルバム『UPOJENIE』で、アナ・マリア・ヨペックを知りました。 以来、彼女の新作を追いかけています。 今回、独自の世界が完成度を増し、更に研ぎ澄まされたと思います。 表現する世界はオリジナリティーに溢れ、 リアリティーのある空間を感じさせます。 クリエイターとしての才能もトップレベルです。 それは、裏のクレジットを見ても判るとおり、 ジャズ、ボッサ、ワールドのトップミージシャンが名を連ねています。 このアルバムは、多くのアーティストのインスピレーションを刺激する筈です。 オススメは、全曲ですが・・・特にM6, M9です。 余談ですが、今年の5月にブルーノート東京でのライブに行きました。 小柄で、引き締まったボディーに皮のボンテージを身に付け、 表情は繊細で青い瞳が印象的でした。 ジャケットのクールなイメージを想像していましたが、 ライブでの彼女は、包み込む様な優しさでオーディエンスと接していました。 以外でしたが、違和感無く自然に思えました。

    シモーニャ さん

    0
  • パット・メセニーは勿論、知っていましたが、 アナ・...

    投稿日:2009/11/29

    パット・メセニーは勿論、知っていましたが、 アナ・マリア・ヨペックは、このアルバムで初めて知りました。 ポーランドという美しく幻想的なイメージが彼女の歌声と重なり、 官能的で不思議な世界へと導かれます。 ハスキーでありながら何処までも繊細な歌声は、 彼女が発する独特な魅力と合わせて惹きつけられます。 日本と遠く離れた国のボーカリストなのに、 なぜか日本的な情緒を感じます。 ポーランドの言葉は、日本語とアクセントが似ているのでしょうか・・・? 聴き込んでいくと遠い記憶の中に入り込んだ感覚に酔ってしまいます。 パット・メセニーの憂いを感じさせるスペーシーなギターサウンド、 そして控えめなサックスとピアノも的を獲ています。 『UPOJENIE』は虜と言う意味だそうですが、まさにその通りです。

    シモーニャ さん

    3
  • しっとりとして透明感やのびのある歌声は夜の声という...

    投稿日:2009/02/02

    しっとりとして透明感やのびのある歌声は夜の声という感じがする。そのほの暗さはちょっとビョークを思い起こさせる。彼女の歌声が石畳や土の匂いがするのに、パットのエレキ(シンセ)ギターはハイウェイのアスファルトの香りがしてちょっと興ざめ。ガットギターとエレアコだけにした方が良かったのでは。それとどうせならオールバラードアルバムにして欲しかった。何曲か入っているアップテンポの曲は僕としてはいらない。

    まさ さん

    0
  • IDのライブ版ではありますが、ボナの曲もはいっていま...

    投稿日:2009/01/17

    IDのライブ版ではありますが、ボナの曲もはいっています。アンナのVOCALも、最高ですが、ボナのBASS/OCALもいいです。音もいいです。

    WATAKEN さん

    2
  • 「UpojenieはEcstasyの意味だけど、充足、幸せ、優し...

    投稿日:2008/12/30

    「UpojenieはEcstasyの意味だけど、充足、幸せ、優しさ、祝福などの意味も含む」と共同プロデュースのMarcinが言っているけど、本当に豊かな広がりが感じられる。Patの名曲、ポーランドらしい曲、静かな夜に聴きたい曲もあれば、BonusTrackのライブのような元気な曲も・・・。  正直言うと、価格につられたとこもあるけど、買って本当に良かった。(和泉式部の短歌−haikuじゃないね−の英訳もBookletに載っていてびっくり!!しかも、本歌にかなり忠実)

    tisi さん

    3
  • 近年のグループが、やることを全部やっちゃったせいか...

    投稿日:2008/12/23

    近年のグループが、やることを全部やっちゃったせいか、方向を見失いがちになっていただけに、メセニー君に自分の軌跡を見直してみたら?と言ってやりたいくらいの秀逸な作品。アレンジ全てに、手を加えた後がくっきり。もうひとりの主人公、アナ・マリア・ジョペックも物怖じせず、スペイシーな世界を泳ぎながら独自の世界を創っていってる。久々に、じっくり聴くアルバムです。

    RESTLESS さん

    0
  • アナ・マリア・ジョペックの透明感ある歌声と節回しは...

    投稿日:2008/11/14

    アナ・マリア・ジョペックの透明感ある歌声と節回しはパット・メセニーの演奏と相まって奄美の島歌を聴いているような不思議な感覚に陥ります。

    evergreen さん

    0
  • 待望の新作ですね〜。 参加メンバもすごいですね〜。...

    投稿日:2007/05/20

    待望の新作ですね〜。 参加メンバもすごいですね〜。しかし、いままでもポーランドのミュージシャンで素敵な作品を多数作り上げていましたから、あまり関係なさそう。いつもの幻想的な世界が壊れていないといいなぁ。 しかし、日本版オフィシャルサイトではまだこの新作の情報は掲載されていません。 やる気ないよなぁ〜、ホント。 前作nieboも最高の出来だったのに国内盤は出ませんでしたし。国内盤は大阪万博絡みで来日したときにsecretが出ただけ。さっさと全作国内盤出して、来日させましょう!

    マナビーム さん

    0
  • Anna Maria Jopek については全く知らないが、このア...

    投稿日:2006/04/01

    Anna Maria Jopek については全く知らないが、このアルバムはメセニーがゲスト参加した数多くの作品の中でも最高傑作だと思う。むしろメセニーのアルバムに彼女が参加していると言ってもいいほどだ。そういう訳でメセニーファンなら必聴盤だと思います。それにしてもこのアルバム、国内盤をリリースしないのでしょうか? 輸入盤だけにしておくのはもったいないと思う。それとHMVの方へお願いですが、メセニーの商品リストのサイト上にもこのアルバムを掲示すべきだと思いますがいかかでしょうか?(店頭にはメセニーの陳列棚にも置いてあるのに…)

    oginotch さん

    0
  • ポーランドの憂愁の歌姫と言わしめる中の素敵なアルバ...

    投稿日:2005/09/24

    ポーランドの憂愁の歌姫と言わしめる中の素敵なアルバム、ボサノバ風、舞曲風、叙情感あふれる曲と、ハスキーな歌声が聴ける。特にこのアルバムは英語で歌っているので、聴きやすいですね。

    ぽいの さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%