CD 輸入盤

Blue Burton

Ann Burton (アン・バートン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
13035
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

 「Artone」原盤の本作は、ヨーロッパで“What Good Am I Without You”“Don''t Explain”を追加収録した、コンプリート・ヴァージョンが発売されたように、日本でも最も人気の高い作品の一枚だった。
 シットリと歌い上げ、英語の歌詞の分かりやすいバートンは日本で最も受け入れやすいジャズ・ヴォーカリストの一人であり、何度も来日して我々を楽しませてくれた。
 本作は1967年アンが34歳の年に録音された。ルイス・ヴァン・ダイク(p)ジャック・スコールス(b)ジョン・エンンゲルス(ds)に、オランダが誇る優雅なテナーサックス奏者、ピエ・ノールディクが3曲に参加している。
 聴衆の心に語りかけるように歌い、また自分の心に聞かせるように歌うアン・バートンの優しい心根が伝わる冒頭の“捧げる葉愛のみ”を聞くだけで本作の素晴らしさが伝わってくる。
 そして、Aの悲しげな声、Eでの寂しい女心を込めた最期の一言。アン・バートンほど日本人の感情にフィットしてくれる歌手は少ない。

収録曲   

  • 01. I Can't Give You Anything But Love
  • 02. Go away little boy
  • 03. He was too good to me
  • 04. But not for me
  • 05. It's easy to remember
  • 06. You've changed
  • 07. The good life
  • 08. In the wee small hours of the morning
  • 09. Sunny

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
昔日本では大ヒットした Ann Burton の2作...

投稿日:2010/06/01 (火)

昔日本では大ヒットした Ann Burton の2作の内の1枚(もう一枚は Ballads & Burton)ですが、今聴いても日本人好みと言われる様に良いです。 基本的にバラード調の曲ばかりですが、普通スウィングで歌う様な曲もバラード調で歌われていてとても面白いです。 特に本編に入る前に歌われるバースの部分がとても丁寧に歌われているので、歌を勉強している方は参考になるでしょう。 伴奏している Louis Van Dijk もとてもキレイな演奏で好感を持てます。 今では手に入りにくいかもしれませんが、ビートルズやプロコル・ハルムの曲をピアノトリオで演奏したり、Toots Thielemans とデュオで演奏したり、意外に良いアルバムもあります。 女性ボーカルがお好きなら、この Ann Burton の2作は持っていても良いかもしれません。

ラファロ さん | 東京都 | 不明

2

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品