CD

Ballad And Burton

Ann Burton (アン・バートン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ESCA5041
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

バートンのアンニュイなボーカルは、初めて聴いてから20年が経過した現在でもどことなく魅力があって、しばらくは耳から離れない。この気だるさこそが彼女のアンデンティティだが、こうした味のある歌手が少なくなった昨今に改めて思いを馳せてしまう。(隆)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
昔日本では大ヒットした Ann Burton の2作...

投稿日:2010/06/01 (火)

昔日本では大ヒットした Ann Burton の2作の内の1枚(もう一枚は Blue Burton)ですが、今聴いても日本人好みと言われる様に良いです。 基本的にバラード調の曲ばかりですが、普通スウィングで歌う様な曲もバラード調で歌われていてとても面白いです。 特に本編に入る前に歌われるバースの部分がとても丁寧に歌われているので、歌を勉強している方は参考になるでしょう。 それと普段、ジャズでは歌われない Otis Redding で有名な「Try A Little Tenderness」は非常に良いです。 伴奏している Louis Van Dijk もとてもキレイな演奏で好感を持てます。 今では手に入りにくいかもしれませんが、ビートルズやプロコル・ハルムの曲をピアノトリオで演奏したり、Toots Thielemans とデュオで演奏したり、意外に良いアルバムもあります。 女性ボーカルがお好きなら、この Ann Burton の2作は持っていても良いかもしれません。

ラファロ さん | 東京都 | 不明

2

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品