CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 Anita Sings The Most

Anita O'day (アニタ オデイ)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
コメント
:
ケースヤニ汚れ
:
HMV record shop 渋谷
※店頭でも販売している商品のため、完売の場合はキャンセルさせて頂きます

基本情報

ジャンル
カタログNo
829577
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

 ケントンズ・ガールズの一人としてハスキー・ヴォイスの伝統を継承したアニタにとって、ヴァーヴのオールスター・メンバーを従えたこの作品こそ、ヴォーカリストでありながら十分にインストルメンタルに対抗しうることを証明した真の名盤だ。

 映画『真夏の夜のジャズ』に優雅な手袋をまとって登場した貴婦人のようなアニタ。多くのビッグバンド・リーダーの中でもアーティ・ショウと並んでハンサム振りをはっきりとするスタン・ケントン。彼の洗練された審美眼の元で鍛えられ、音楽的にも全ての「ケントンガールズ」たちが上品で気位が高い。

 Oscar Peterson(o)Herb Ellis(g)Ray Brown(b)John Poole(ds)という素晴らしいコンボをバックにアニタもまさに縦横無尽に「ジャズヴォーカル」のメインストリームを歌ってくれる。粋なバース、はっとさせるブレイク、原メロディを損なうことなく、その歌詞の意味を一層際立たせる「崩し」、そして、エラに逼迫するスキャット的なドライヴィングの聴いたアドリブと、どれをとっても白人女性ヴォーカルの最高位にランクされる素晴らしい歌が展開する。
 随所に見え隠れするビリー・ホリデイの影響も、見事にアニタ独自のものに消化されている。

 スイングするジャズヴォーカルを聴きたいのなら「これが一番」だ。

収録曲   

  • 01. Love Me Or Leave Me
  • 02. Tenderly
  • 03. Old Devil Moon
  • 04. Love Me Or Leave Me
  • 05. We'll Be Together Again
  • 06. Stella By Starlight
  • 07. Taking A Chance On Love
  • 08. Them There Eyes
  • 09. I've Got The World On A String
  • 10. You Turned The Tables On Me
  • 11. Bewitched, Bothered And Bewildered

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アニタ・オデイ(Anita O’Day / Birth nam...

投稿日:2013/04/27 (土)

アニタ・オデイ(Anita O’Day / Birth name:Anita Belle Colton 1919年10月18日〜2006年11月23日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。アルバムは1957年の録音でピアノのオスカー・ピーターソンがバックを勤めた傑作。その他の共演者はギターがハーブ・エリス、ベースがレイ・ブラウン他。内容は完璧なバック演奏をバックに気持ちよく唄うアニタ・オデイが見事にマッチした逸品。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
背筋をピンと伸ばして唄うアニタが目に浮か...

投稿日:2006/01/04 (水)

背筋をピンと伸ばして唄うアニタが目に浮かぶ気品溢れる正統派ジャズボーカル。ピアノとハスキーボイスは最高にクールです。

くいちゃん さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
彼女の歌はカッコイイ!

投稿日:2002/10/01 (火)

彼女の歌はカッコイイ!

くうたれ さん | くうたれ音楽缶 | 不明

0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品