Anita O'day

Anita O'day (アニタ オデイ) プロフィール

Anita O'day | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

アニタ・オデイAnita O'Day、1919年10月18日 - 2006年11月23日)は、アメリカ合衆国出身のジャズ歌手。

ハスキーボイスと、個性的な歌い方から生まれるメリハリの効いたスウィング感が特徴。 クリス・コナー、ジューン・クリスティらと並び、スタン・ケントン・オーケストラが輩出した女性歌手(「ケントン・ガールズ」と言われる)の1人であり、1950年代から1960年代に成功を収めた。

「ジャズ界のイゼベル (The Jezebel of Jazz)」の異名をとった。

生涯

父親とは1才の時に生別。母親に育てられるが、母親はアニタに無関心だった。

14才の時、ウォーカソンに参加したのをきっかけに、プロのウォーカソン競技者として数々の大会に参加、小遣い稼ぎとして歌を歌ったり、ダンスをしたり、写真を売ったりした。この頃、自らの姓を「O'Day」に変えた。O'Dayは、アニタが欲しかったもの(金銭)を意味するスペイン語のスラングである。2年間ウォーカソンのサーキットを渡り歩いたアニタは保護司に補導され強制送還、復学させられることになり、日中は通学、夜はアップタウン・シカゴのタヴァーンで歌うという生活が始まる。

1939年、ダウンタウン・シカゴのクラブに雇われ、クラブシンガーとなり、好評を博す。1941年、評判を聞きつけたジーン・クルーパは、自らの楽団の専属歌手としてアニタを雇う。同年ロイ・エルドリッジとともに歌った"Let Me Off Uptown" などがヒット。同年、ダウン・ビート誌はアニタを「ニュースター・オブ・ザ・イヤー」に選出する。

1942年にはダウン・ビート誌が行った優れたバンド歌手を選ぶ人気投票により、アニタは4位に選ばれる(ヘレン・オコネルが1位、ヘレン・フォレストが2位、ビリー・ホリデイが3位、ダイナ・ショアが5位だった)。しかし1943年、ジーン・クルーパがマリファナ所持の疑いで逮捕された(冤罪である)ことをきっかけに楽団は解散。アニタは1年に満たない期間ウディ・ハーマン楽団へ身を寄せる。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%