CD

Ready To Recieve

Animalhouse (アニマルハウス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCP21130
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

待ってたぞマーク!最後まで思春期ロックを鳴らし続けたライド。その中心人物の一人、マーク・ガードナーがルックスも精悍になって新バンドを率い、遂に帰還!かつての相方が既にバンドを一つ潰し、オアシスに加入したことを思えば遅すぎる再デビューだが、それこそ"野獣"の如く虎視眈々と機を窺っていたのか?エレクトロな新世代グルーヴにグラム風コーラスのダイナミック・チューンがあるかと思えば、バーズ風フォーク・ロックやゾンビーズ、ビートルズ的なサイケ感とNWなリリカルさが融合したような楽曲があったり、ベックがちょい入ったようなカントリー・ソングまで...最終曲はパパパ〜コーラスなソフト・ロック・チューンだし、曲ごとにいろんな要素が渦巻くような感覚。しかしここまでやってくれればOK!小じんまり纏まるよりゃいいよな全然。ふ〜ん、こう来たのね、なんて口が裂けてもいえないほど、彼らはいきなり男気溢れる体当たりを見せてきた(ダブル・ヴォーカルをフィーチャーした曲が結構あるのはライド以来の煮えきらなさか、趣味か力量か...)。ともあれ、彼らのアニマルでフューチャリスティックな我流サイケ・ミュージックを体験してみよう!

内容詳細

元ライドのヴォーカル、マーク・ガードナーがついに始動。スーパーグラスを手がけたサム・ウィリアムズと新ユニット“アニマルハウス”を結成。UKシーンの新しいヒーローの登場だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
色んなアプローチで曲を作っていることが賛...

投稿日:2002/09/14 (土)

色んなアプローチで曲を作っていることが賛否両論だけど、僕はこういう感じのほうが飽きなくて好き。一曲一曲質は高いと思うし、中途半端な感じもしない。ダークなイメージだったけど、全然ポップだったしね。それと、アレンジがベックっぽいかな。ベックがベストアルバム作ったらこんな感じになりそう。

よし さん | 大阪 | 不明

0
★
★
★
★
☆
最初聴いた時はあんま良くなかったけど何度...

投稿日:2002/07/26 (金)

最初聴いた時はあんま良くなかったけど何度も聴くうちにハマる。解散したけどマークのの活躍が楽しみ。

0
★
★
★
★
☆
雑食型アルバムって感じで、多彩なサウンド...

投稿日:2002/06/09 (日)

雑食型アルバムって感じで、多彩なサウンドアプローチに感心!2ndが楽しみだった。解散が悔やまれる! 

ape さん | 千葉 | 不明

0

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品