CD 輸入盤

『シンフォニック・ミュージカル〜キャッツ、エヴィータ、アスペクト・オブ・ラヴ、オペラ座の怪人』 エットーレ・ストラッタ&ロイヤル・フィル

Andrew Lloyd Webber (アンドリュー・ロイド・ウェバー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029566694
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

エットーレ・ストラッタ/ロイド・ウェバー:シンフォニック・ミュージカル

ロイド・ウェバーといえば、キャッツやオペラ座の怪人で大ヒットを飛ばしたミュージカル界のスーパースター。彼の4つの代表作から有名どころを交響組曲風にアレンジしたもの。ロイヤル・フィルの壮大で華麗でロマンティックな演奏で楽しめます。(輸入元情報)

【収録情報】
ロイド・ウェバー:
1. キャッツ
2. エヴィータ
3. アスペクト・オブ・ラヴ
4. オペラ座の怪人


 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 エットーレ・ストラッタ(指揮)

 録音時期:1990年11月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
オペラは嫌いでもミュージカルは好き ヒッ...

投稿日:2018/06/29 (金)

オペラは嫌いでもミュージカルは好き ヒットしたミュージカルは先ずドラマが面白い 時代が下ればミュージカル・ドラマも陳腐に見えるのか知らん ベリズモ・オペラやプッチーニは耐えられるけれど それ以前のオペラは観るに値しないストーリーだ という全くの好みからミュージカルの舞台はそれなりに観ている 音楽だけをDiscで聴くのも好きだが やはり全曲を隈なくとは難しい そこでナンバーをセレクションして繋いだ接続曲が余韻に浸るにはちょうどいい 昔々スタンリー・ブラックには世話になったというのは余談 これはストラッタ&ロイヤルpoの演奏 編曲は様々な人がしているから一曲一曲味わいが違う 良し悪しを云々する前にミュージカルの舞台が思い出されて心地よい 舞台を見ていない人にはどうかといえば 気に病む必要はない 美しいメロディーとハーモニーに耳奪われて自由に幻想は広がろうもの 稀代のミュージカル・メーカー ウェッバーの音楽を愉しもう あなたも如何

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Andrew Lloyd Webber

ミュージカル界における偉大なる作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェバー。名前は知らなくとも、’キャッツ’での名曲’メモリー’や’オペラ座の怪人’は一度は耳にしたことのある曲でしょう。トニー賞をはじめ、アカデミー賞、グラミー、ドラマ・デスク賞などなど、数々の賞を受賞したウェバーの作品は永遠に愛されつづけ、何時の時代もリバイバルし続けることは、言うまでもありません。

プロフィール詳細へ

おすすめの商品