CD 輸入盤

Na Esquina Do Clube Com O Sol Na Cabeca

Andre Mehmari (アンドレ・メマーリ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EM30
組み枚数
:
0
レーベル
:
:
Brazil
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

現代ブラジル最高峰ピアニストによる、ミルトン・ナシメントら<クルビ・ダ・エスキーナ>の決定的カヴァー集。

ブラジルが生んだ現代最高峰のピアニスト・作曲家アンドレ・メマーリのトリオ編成による最新作は、ミルトン・ナシメント、ロー・ボルジスら<クルビ・ダ・エスキーナ>一派の楽曲カヴァー集。

ジャンルを超越したブラジル最高峰ピアニストであり、この国のクラシック界で最も演奏されることの多い現代の作曲家でもあるアンドレ・メマーリ。かねてからコンサートでも多く取り上げる機会の多い、ミルトン・ナシメント、ロー・ボルジスら<クルビ・ダ・エスキーナ>一派の楽曲カヴァー集をリリース。ブラジル音楽ファンなら誰もが知るメロディの数々、そしてその陰で躍動する副旋律にもスポットを当て、無邪気にそして純粋に向かい合った作品。

ここ数年のレギュラー・メンバーで、2016年の来日公演にも帯同したネイマール・ヂアス(b)、セルジオ・ヘジ(ds)とのトリオによる録音。ライブで磨き上げられたピアノ・トリオのアレンジに、メマーリ自身によるエレクトリックピアノ、シンセ、オルガン、アコーディオン、管楽器演奏をダビング。ジャズ・ピアノ・トリオ的な解釈を逸脱したスケールの前半部。ウアクチ以降の神秘的なフォークロア色漂う後半部、そして10分超のピアノソロによる「Paixão e Fé」で幕を閉じる構成。アントニオ・ロウレイロ、アレシャンドリ・アンドレス、カルロス・アギーレ&フアン・キンテーロなど、近年特にコラボレーションでの活動を多く展開してきたアンドレ・メマーリが、「鍵盤奏者」であることに回帰した作品といえるかもしれない。

<収録曲>
1. Tudo que voce podia ser / Trem azul (Lo e Márcio Borges) (6:09)
2/3. Suite clube da esquina (16')
Faixa 2 : Parte 1
Clube da Esquina 1 (Lo Borges, Márcio Borges e Milton Nascimento)
Faixa 3: PARTE 2
Clube da Esquina 2 (Lo Borges, Marcio Borges e Milton Nascimento)
Cais (Milton Nascimento/ Ronaldo Bastos)
Cravo e Canela (Milton Nascimento)
4. Um Girassol da Cor de seu Vestido (Lo e Marcio Borges) (3:39)
5. Canoa Canoa (Nelson Angelo / Ronaldo Bastos) 4:38)
6. E Dai? (Milton Nascimento / Ruy Guerra)
7. Nascente (Flavio Venturini / Murilo Antunes) (3:51)
8. Me Deixe em Paz (Monsueto) (4:50)
9. Olho D’Agua (Paulo Jobim / Ronaldo Bastos) (3:04)
10. Lua Girou (Folclore Baiano, adapt. Milton Nascimento (3:39)
11. Paixao e Fe (Tavinho Moura / Fernando Brant)


(メーカーインフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Andre Mehmariに関連するトピックス

  • アンドレ・メマーリ最新作! 現代ブラジルが生んだ最高峰ピアニスト/作曲家、アンドレ・メマーリ。9種類の楽器を自身で演奏した、アンサンブル路線での... HMV&BOOKS online|2015年04月13日 (月) 09:20
    アンドレ・メマーリ最新作!

ブラジル に関連する商品情報

おすすめの商品