構造生物学

Andersliljas

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784759814965
ISBN 10 : 4759814965
フォーマット
出版社
発行年月
2012年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
475p 26cm(B5)

内容詳細

目次 : タンパク質構造の基礎/ 核酸の基礎/ 脂質と膜構造の基礎/ 酵素/ DNAの代謝:複製と組み換え/ 転写/ タンパク質の合成―翻訳/ タンパク質のフォールディングと分解/ 膜タンパク質/ シグナル伝達/ 細胞の運動性と輸送/ 細胞間相互作用の構造的側面/ 免疫系/ ウイルスの構造と機能/ 構造生物学と生体高分子の進化/ 生体高分子の結合とエネルギー論/ タンパク質のフォールドを比較する方法/ タンパク質の構造予測/ タンパク質の機能の推定/ タンパク質の修飾/ 構造生物学に関連したノーベル賞受賞者

【著者紹介】
田中勲 : 1948年松江市生まれ。1974年大阪大学大学院理学研究科博士課程中退。現在、北海道大学大学院先端生命科学研究院特任教授。専門はX線結晶学、構造生物学。理学博士

三木邦夫 : 1952年神戸市生まれ。1978年大阪大学大学院工学研究科博士課程中退。現在、京都大学大学院理学研究科教授。専門はタンパク質結晶学、構造生物学。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ryosuke_okubo さん

    細胞生物学,生化学,分子生物学などの復習として読んだ.核酸の章では特にRNAの三次構造について詳しく書かれている.薬物の作用機序を考える上でも参考になる教科書.

  • moti さん

    ゼミで輪読。生物の知識があまりない自分でもそこそこ読めた。項目によって書き方(訳し方?)がかなり違うので読みやすさに差が出る。シグナル伝達経路と脂質の項が興味深かった。タンパク質のコンフォメーションとその変化を機構と結びつけるのはブロック遊びのようで面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品