CD 輸入盤

Colour

Anat Fort (アナト フォート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SSC1550
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ECM で3 作のアルバムもリリースするイスラエル出身のピアニスト
アナット・フォート 20 年の活動歴ともなる仲間との秀逸なトリオ演奏
ECM 的な世界感、ゴスペル、プログレッシヴなインプロ・・・
さまざまなスタイルの演奏が渾然一体となる9 曲の演奏!!


1970 年イスラエル生まれの女性ピアニスト、アナット・フォートによる美しい世界が繰り広げられたトリオ作品。
 これまでECM で3 作のアルバムをリリース。一作目のドラマーはポール・モチアンで、昨年、惜しくも逝去した鬼才クラリネット奏者、ペリー・ロビンソンを迎えた作品でも広く話題になりました。
 本作は、そのアナットが、20 年にわたって活動を続けるドイツ人ドラマーRoland Schneider、ベーシストGary Wang との作品。1999 年に演奏をはじめて即、Schneider は、バンドが、一時的なプロジェクト以上のものであることを明白に感じたとのこと。そして、アナットに、週一度のペースでリハーサルを行うことを提案。ニューヨーク、イースト・ヴィレッジのスタジオで演奏を重ね、バンドとしての音楽的なアイデンティティに磨きをかけていったとのことです。一方、2008 年に、Schneiderはドイツに帰国。アナットもその後、イスラエル、テル・アビブに移住。しかし、トリオは活動を続け、ヨーロッパ・ツアーなども精力的に行っています。
 そして、演奏にはそんな3人の培ってきた音が結実しました。
 メランコリックなハーモニー・センスとルバートによるピアノ演奏が、ECM の世界観を感じさせるオープニングを筆頭に、アナットのルーツが垣間見える中東的なメロディが交わるM3, メロディのラインとリズムをオノマトペで曲目にした3 人の一糸乱れぬコンビネーションとインプロの妙が楽しいM5 など、それぞれの楽曲は、異なる魅力をもっています。また、M7 のように、フリー的なものとギリギリのバランスをとりながら疾走していくスリリングでプログレッシヴな演奏に、ヨーロッパのピアノ・トリオの先鋭性が見えるトラックもある一方、M2 では、アメリカ合衆国に移住して以来練習を積んできたというゴスペル・ムードがいつくしみを感じさせるM2 など、コントラストの妙もあります。
 ウィリアム・パターソン大学で、ハロルド・メイバーン、ルーファス・リードといったアーティストに師事しながら、ポール・ブレイの影響をにじませ、ルーツとブルース、ゴスペルといった音楽要素を融合したアナット。20 年の時の積み重ねもにじませたヨーロピアン・ピアノ・トリオの素晴らしい結晶です。(輸入元情報)

メンバー:
Anat Fort(p), Gary Wang(b), Roland Schneider(ds)

収録曲   

  • 01. BBB
  • 02. Sort Of
  • 03. The Limp
  • 04. Part Trio
  • 05. Tirata Tiratata
  • 06. Goor Katan
  • 07. Free
  • 08. Part Solo
  • 09. Heal And…

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品