CD 輸入盤

Amy Serrata

Amy Serrata

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
001
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

これがデビュー作となるベイエリア出身の新人。10歳の頃には南米チリでクワイア入隊の経験あり。ジャケ写の印象からもどんな音なのか想像が難しいところだが、その中身はあくまでも北米流。R&Bとヒップ・ホップとジャズとポップスを混ぜて好きなようにアレンジしたところ、こんな音になりました、と言ったところか。そんな分野でつい名前が出てしまうのはやはりERYKAH BADUやJILL SCOTTなどの面々。かのフィリー勢が猛威を振るってから、かなりの時間が経過しているようにも感じるが、この作品を聴いても古臭さといったイメージはほとんど出てこない。むしろ久々に現れた前衛的な姿勢を持った新人として、幅広いジャンルのリスナーにアピールし得る可能性を大いに持ったシンガーと言えそうだ。
そんなネオ・フィリーの影響を早速感じさせるオープニングからアルバムはいきなりヒート・アップ。(2)などもヴィヴラフォンがよく効いたジャジー・ミッドでかなりヒップなナンバーだ。さらにフィリー風味満点な(3)と続く頃にはジャケ写からは掴みにくかったこのシンガーの本質が明らかになってくる。しかしそんな彼女も前述のとおり10歳の頃にはチリのクワイアに入隊したバリバリのゴスペル出身。その後も20歳過ぎまでゴスペル畑に首を突っ込んでたという。しかし幼少期の音楽的な影響はELLA FITZGERALDなどのジャズ・ジャイアンツの名前が挙げられており、どのような経緯でこのアルバムの音楽性に至ったのかはナゾである。

メーカーインフォより

収録曲   

  • 01. This Is Me
  • 02. Monday Morning
  • 03. Hello World
  • 04. Skin
  • 05. Lets
  • 06. My Baby My Child
  • 07. Teach Me
  • 08. Soul Food
  • 09. Rooted
  • 10. My Garden
  • 11. Yes To Life
  • 12. Feel For Me
  • 13. Love Another

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

R&B/ダンス に関連する商品情報

おすすめの商品