CD

American Football

American Football (アメリカン・フットボール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HSE3756
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

エモ界のレジェンド、アメリカン・フットボールが、1999年リリースのデビュー・アルバム以来、17年ぶりとなる新作をリリース!

1999年にPolyvinyl Recordsよりセルフ・タイトル・デビュー・アルバムをリリースして間もなく、バンドは解散を発表。それまで学園祭や小規模なクラブでしかライヴを行なっていなかったにも関わらず、未だに彼らの作品はPolyvinyl Recordsのベスト・セラー作品であり、Noiseyが“当時最も影響を与えたロック・アルバム”としたり、Stereogumにおいては“一時的な成功者にも関わらず、あれほどまでに多くの人とつながることのできたバンドはアメリカン・フットボール以外にいないだろう”とまで言い切ったほど、彼らの残した爪あとは大きかった。

そんな彼らが、2014年に突如15年ぶりとなるライヴを行った時には、NYでの3公演が数時間で完売した。その後ツアーで回ったシカゴ、ロンドン、バルセロナ、そして東京でも反響は凄まじかった。あれから1年、17年ぶりとなる新作を完成させた。再びセルフ・タイトルとなった今作は、馴染みのある道なりから思いがけず遠回りしてみるような作品に仕上がっている。
これまで奥底にしまいこんできた記憶が、懐かしい香りやコンクリートにできたヒビをきっかけに蘇ったり、今にも消えそうな愛の灯火を抱えた愛人と向かい合う時に沸き起こる不安など、今作にははち切れんばかりの感情がぎっしりとつまっている。より開放的なサウンドと、ナイーヴさが減ってより言葉を重視した歌詞、深みを増した楽曲を感じてもらえるのではないだろうか。

17年経っても今なお全てが真新しく感じるのは、彼らにとって全てが新鮮だからだ。これからだという時に何らかの理由で一度制作口に蓋をした彼らが、成長してより良いミュージシャンシップを保てるようになった今、そのコルクを自ら抜くことを決意した。

今作は、アメリカン・フットボールと、ジェイソン・カップ(アヴリル・ラヴィーン、フィンチ、ジミー・イート・ワールド、Sum 41、エヴァネッセンス等)によるプロデュースで、オマハのARCおよびシカゴのシャーク・スタジオにてレコーディングされた。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

マイク・キンセラ率いる伝説のエモ/ポスト・ロック・バンドの約17年ぶりとなるアルバム。はち切れんばかりの感情が詰まって、より開放的なサウンドとなり、ナイーヴさは減っている。彼らとジェイソン・カップによる共同プロデュース。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

American Football

Polyvinylからリリースされたデビューシングルのとてつもないクオリティを考えると、American Footballのファースト・アルバムが素晴らしい作品であろうことは疑いの余地も無かった。

プロフィール詳細へ

American Footballに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品