CD 輸入盤

Fading Lines

Amber Arcades (アンバー・アーケイズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HVNLP126CD
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

★オランダの女性SSWアンバー・アーケイズことAnnelotte de Graafがテンプルズ、トーイらが所属する<Heavenly Recordings>よりデビュー・アルバムを発表!
★プロデューサーはベン・グリーンバーグ、USサイケ・インディ・バンド、キルトやリアル・エステート、ハンド・ハビッツのメンバーらがゲスト参加!!

オランダはユトレヒトの女性シンガー・ソングライター、Annelotte de Graafが“アンバー・アーケイズ”としてファースト・アルバムを完成させた。母親の勧めで12歳でギターを手にとった彼女は、大学のときに留学したフィラデルフィアでマンドリンを手に地元バンドと演奏を始めたことをきっかけに楽曲制作を開始。

2012年にはメランコリックなフォークをベースにソフトに歌い上げるファーストEPをリリース。
その後、自分の音楽的可能性を広げるためにも一緒に仕事をしたいプロデューサー候補を5人選出した。自分が好きな作品を手がけた人物を調べ上げ、ガレージ・バンドで作成したデモを片っ端からメールした。そうやって出会ったのがベン・グリーンバーグだ。唯一のハードコア・パンクよりのプロデューサーで、これまでにザ・メン、ビーチ・フォッシルズやディストラクション・ユニットらとの仕事経験がある。フォーキーでメランコリックなサウンドを作り上げるシンガー・ソングライターとは似ても似つかないように思えた人物だ。だがかえってそこがAnnelotteが彼に興味を抱いた理由でもある。

ブルックリンのストレンジ・ウェザー・レコーディング・スタジオへ飛んだ彼女は、そこでボストンのサイケ・インディ・バンド、キルトのShane Butler(ギター)とKeven Lareau(ベース)、リアル・エステートのJackson Pollis(ドラム)、そしてハンド・ハビッツの女性ヴォーカリスト/ギタリストMeg Duffy(スライドギター)らと共にアルバムを完成させた。

そして2016年6月、縁があって知り合った友人Karolinaが働く<Heavenly Recordings>からデビュー・アルバムをリリースすることとなった。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Come With Me
  • 02. Constant’s Dream
  • 03. Fading Lines
  • 04. I Will Follow
  • 05. Perpetuum Mobile
  • 06. Right Now
  • 07. Apophenia
  • 08. This Time
  • 09. Turning Light
  • 10. White Fuzz

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Amber Arcades

オランダの女性SSWで、本名はAnnelotte de Graaf。母親の勧めで12歳でギターを手にとった彼女、2010年に大学でフィラデルフィアに留学してからマンドリンに転向。ブルーグラスを愛する地元のパンクキッズと多く知り合いストリートや公園などで演奏し、楽曲制作をスタート。2012年にはメランコリックなフォークを・・・

プロフィール詳細へ

おすすめの商品