CD 輸入盤

Trouble No More: 50th Anniversary Collection (5CD BOX)

Allman Brothers Band (オールマン・ブラザーズ・バンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7799785
組み枚数
:
5
レーベル
:
Ume
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, ボックスコレクション,輸入盤

商品説明

オールマン・ブラザーズ・バンドのデビュー50周年を記念したオール・キャリア・アンソロジーがCD5枚組で発売!
50年以上も未発表となっていた、1969年制作のデモを含む未発表音源7曲収録!


1969年にDuane Allman、Jaimoe、Berry Oakley、Dickey Betts、Butch Trucks、Gregg Allmanの6人により結成されたオールマン・ブラザーズ・バンド(以下ABB)。これまで50年間以上も未発表のままだった、彼らが最初に録音したデモ音源=マディ・ウォーターズのカヴァー「Trouble No More」が本作のオープニングを飾る。サザン・ロックの父とされるABBは、レーナード・スキナード、ZZトップ、マーシャル・タッカー・バンドとともにジャム・バンド・シーンの中でたちまち注目を集めた。そして『The Allman Brothers Band』、『Idlewild South』という2作のスタジオ・アルバムを発表後にリリースした初のライヴ・アルバム『At Fillmore East』は、その後に登場する他アーティストによる全てのライヴ・アルバムが凌駕できないほどの作品であった。しかしその名盤がゴールド認定されたわずか4日後に、デュアン・オールマンがバイク事故で急死。その後バンド・リーダーを引き継いだベリー・オークリーも1年後にデュアンの事故現場から3ブロックしか離れていない場所でバイク事故死。そのようなアクシデントを乗り越えて活動を続けたABBだったが、2014年にツアー活動から公式に引退。ABBがNYビーコン・シアターで最後にプレイした曲は、彼らが初めてジャムしたあのマディ・ウォーターズ「Trouble No More」で、61曲入りの本ボックス・セットでも最後の曲として収録されている。ABBの研究家として著名なBill Levenson、John Lynskey、Kirk Westが監修を務めた本ボックスには、ABBのクラシック曲やライヴ音源、レア音源に加え、7曲の未発表音源を収録。全曲、ジョージア州アセンズのChase Park TransductionのJason NeSmithによるリマスター。

CD1は、ABB初期のキャプリコーン・レーベル時代に発表した『The Allman Brothers Band』、『Idlewild South』、『At Fillmore East』からの音源によるThe Capricorn Years 1969 – 1979 Part I。CD2はデュアンの死後に制作されたアルバム『Eat A Peach』、『Brothers and Sisters』時期の音源によるThe Capricorn Years 1969 -1979, Part II。CD3は『Wipe the Windows, Check The Oil, Dollar Gas』、『Win, Lose Or Draw』、『Enlightened Rogues』を発表したキャプリコーン最後期の音源と、アリスタへと移籍後に発表した『Reach For The Sky』,『Brothers Of The Road』期の音源によるThe Capricorn Years, 1969-1979, Part III/The Arista Years, 1980-1981。そしてCD4は『Seven Turns』、『Shades Of Two Worlds』、『Play All Night: Live At The Beacon Theater』、『Where It All Begins』を発表したエピック在籍期の音源によるThe Epic Years, 1989-2000。最後のCD5は、数々のメンバー・チェンジを乗り越えながら活動を続けたピーチ・レーベル在籍時の音源によるThe Peach Years, 2000-2014。  

■限定盤
■CD5枚組
■12パネル・ソフト・パック+スリップケース仕様
■John Lynskeyによるバンド・ヒストリー、未発表バンド・フォト他を掲載した88ページブックレット付


(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

The Capricorn Years 1969 – 1979 Part I

  • 01. Trouble No More (Demo)*
  • 02. Don’t Want You No More
  • 03. It’ Not My Cross To Bear
  • 04. Dreams
  • 05. Whipping Post
  • 06. I’m Gonna Move To The Outskirts Of Town (Live at Ludlow Garage)
  • 07. Midnight Rider
  • 08. Revival
  • 09. Don’t Keep Me Wonderin’
  • 10. Hoochie Coochie Man
  • 11. Please Call Home
  • 12. Statesboro Blues (Live at Fillmore East)
  • 13. Stormy Monday (Live at Fillmore East)
  • 14. In Memory Of Elizabeth Reed (Live at Fillmore East)

ディスク   2

The Capricorn Years 1969 – 1979 Part II

  • 01. One Way Out (Live at Fillmore East)
  • 02. You Don’t Love Me / Soul Serenade (Live at A&R Studios)
  • 03. Hot ‘Lanta (Live at A&R Studios)
  • 04. Stand Back
  • 05. Melissa
  • 06. Blue Sky
  • 07. Ain’t Wastin’ Time No More (Live at Mar y Sol)
  • 08. Wasted Words
  • 09. Ramblin’ Man
  • 10. Southbound
  • 11. Jessica
  • 12. Early Morning Blues (Outtake)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Allman Brothers Band

サザン・ロック、スワンプ・ロック・・・このように表現されるジャンルのロック・ミュージックのなかでオールマン・ブラザーズ・バンドは、その代表格というよりも、もともとそれは彼らを形容した言葉と言える程に、南部魂溢れる、泥臭い、ラフで豪快で、レイド・バックした心地良いテンションを有する・・・、そんなサウンドを身体で発するグループです。

プロフィール詳細へ

Allman Brothers Bandに関連するトピックス

おすすめの商品