CD 輸入盤

Peakin At The Beacon

Allman Brothers Band (オールマン・ブラザーズ・バンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
724953
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
:
SBME Special Markets(Sony Musicの廉価リイシューレーベル)の商品は、印刷にオリジナル盤の情報を使用している場合がございます。そのため、当サイト上に表示されている流通用のカタログNoと、商品に印刷されているカタログNoが異なることがございますので、予めご了承ください。

収録曲   

  • 01. Don't Want You No More (03:06)
  • 02. It's Not My Cross to Bear (05:12)
  • 03. Ain't Wastin' Time No More (05:46)
  • 04. Every Hungry Woman (05:56)
  • 05. Please Call Home (04:30)
  • 06. Stand Back (05:44)
  • 07. Black Hearted Woman (06:30)
  • 08. Leave My Blues at Home (05:07)
  • 09. Seven Turns (04:48)
  • 10. High Falls

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ファーストアルバムの1曲目から始まってし...

投稿日:2013/05/14 (火)

ファーストアルバムの1曲目から始まってしまう、オールマン・ブラザーズ・バンドにとって原点を踏まえなおそう、という意図がくみ取れるライブです。2000年のニューヨーク公演で、ほぼ半月もロングランし続けた中からの編集。彼らにとって、ここでリセットしなければならなかった理由は、ウォーレン・ヘインズ、アレン・ウッディー在籍期の第二次黄金期が終わった区切りにあたるからです。代わって参加するのがデレク・トラックス。彼は、ここでの大舞台に気負ったり、気押されたりすることなくさりげなく登場してきます。でも、一聴で彼のギターとわかるもので、その個性たるや恐るべしです。 彼らのライブの中でも最もゆったりした印象を与えます。長いジャム曲は少なめ。ところが最後に「High Falls」がやってきます。ディッキー・ベッツ作で「Win, Lose or Draw」というあまり華のない時期の作品収録ゆえ、わたしはこの曲を知りませんでした。たんたんとしたアンサンブルが、徐々に各パートのソロ応酬になっていくジャム曲で27分あります。(この曲のベースがアレン・ウッディーだったらな…と思わないでもありません。)ここでのトラックスの演奏は、すでに堂々としたものです。 彼らのライブはダブルCDであることが多く、ついつい勘違いしてしまうのが作品のヴォリューム。シングルCDでも70分以上の演奏で、満腹感は保証いたします。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Allman Brothers Band

サザン・ロック、スワンプ・ロック・・・このように表現されるジャンルのロック・ミュージックのなかでオールマン・ブラザーズ・バンドは、その代表格というよりも、もともとそれは彼らを形容した言葉と言える程に、南部魂溢れる、泥臭い、ラフで豪快で、レイド・バックした心地良いテンションを有する・・・、そんなサウンドを身体で発するグループです。

プロフィール詳細へ

Allman Brothers Bandに関連するトピックス

おすすめの商品