CD

【中古:盤質B】 At Fillmore East

Allman Brothers Band (オールマン・ブラザーズ・バンド)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
帯なし,盤面のキズが大きい
:
HMV record shop オンライン

基本情報

カタログNo
PHCR4440
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

オールマンの最高傑作の呼び声高い本作は、1971年発表の2枚組ライヴ・アルバム。’71年3月ニュー・ヨークのフィルモア・イーストで収録。デュアン・オールマンとディッキー・ベッツのツイン・ギターの掛け合いが凄い! また各曲の演奏時間が長いが、それでもリスナーを飽きさせないのは流石。 オールマンの醍醐味、ツイン・ギター、ツイン・ドラムのスタイルが活かされた本作はサザン・ロックの名盤というだけでなく、’70年代ロックを代表する作品とも言える。

収録曲   

  • 01. ステイツボロ・ブルース
  • 02. 誰かが悪かったのさ
  • 03. ストーミー・マンデイ
  • 04. ユー・ドント・ラヴ・ミー
  • 05. アトランタの暑い日
  • 06. エリザベス・リードの追憶
  • 07. ウィッピング・ポスト

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Allman Brothers Band

サザン・ロック、スワンプ・ロック・・・このように表現されるジャンルのロック・ミュージックのなかでオールマン・ブラザーズ・バンドは、その代表格というよりも、もともとそれは彼らを形容した言葉と言える程に、南部魂溢れる、泥臭い、ラフで豪快で、レイド・バックした心地良いテンションを有する・・・、そんなサウンドを身体で発するグループです。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品