Allan Holdsworth
新商品あり

Allan Holdsworth (アラン・ホールズワース) プロフィール

Allan Holdsworth | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

 アラン・ホールズワースは、1946年8月6日、英国北部のヨークシャー、リーズに生まれている。子供のころサックスが演奏したかったアランは、高価なサックスを手に入れることなく15歳のとき父が手に入れてきたギターを与えられ演奏を始めている。

 アランの父親もピアノを演奏する人で、アランにいろいろと教えてくれた。そのおかげかアランは急速にギター演奏においても上達していった。

 60年代末(アラン20代前半)には、地元の音楽クラブで“ヒットもの”を演奏する“ギグ”をこなしている。1968年、デイヴ・フリーマン、ミック・スケリーと共に最初のグループ、 Igginbottom's を結成している。幸いにもこの演奏は「Deram Label」から発売され、今日、聞くことが出来る。

 やがてマンチェスターに移ったアランは、ヴァイオリン演奏を始め、この地でハイテンションなベーシスト、グラハム・コリアのワークショップで演奏することになる。

 数ヶ月でロンドンに移ったアランは、今度はイアン・カージョン・ハイズマン、などの優れたミュージシャンたちと知遇になった。

 ロンドンでのアランは、様々なグループに参加、ギルガメッシュ、ナショナル・ヘルス、ジャミー・ミュアーなどと共演している。

 1972年6月、コロシアムのドラマーだったジョン・ハイズマンのニューバンド、伝説のテンペストに加入、さらにゲストとしてニュークリアスの Belladonna やゴードン・ベックの作品にも参加している。

 その後、ロンドンのジャジ・シーンに復帰したアランは、ニュークリアスでヨーロッパ、英国内をツアーしている。

 1973年、ソフトマシーンのメンバーとジャムセッションを行なったアランは、それ以降時々ゲストとして彼等のバンドに参加、同年のクリスマスの日に正式メンバーとして参加。翌1974年7月、Bundles のレコーディングに参加している。

 1975年、マイルス・デイヴィス・バンドを辞したトニー・ウイリアムスからライフタイムへの参加オファーを受け、アメリカに渡る。Believe It、Million Dollar Legs はそのときの成果を記録した必聴盤。超絶技巧アラン・ホールズワースの名前をジャズファンに印象付けたのもこの作品からだ。

 やがて、必ずしも満足ではなかったが初リーダー作品、 Velvet Darkness を発表する。アラン・パスカ、アルフォンソ・ジョンソン、ナラダ・マイケル・ウォルデンのリズムは当時最高のメンバーだったが、なぜか、しっくり来ていない。この作品の近年の再発CDには別テイクが追加収録されている。さらにファンサイト情報によれば、“Floppy Hat”に関しては、LP発売時とテイク違いが収録されているそうでファンには見逃せない。

 その後、再びカンタベリー音楽シーンと交流、ゴングに参加する。1976年夏、Gazeuse録音後、ツアーに参加するが、結局ゴングは解散する。1977年、アランは、次々と印象的な演奏を残す。Feels Good To Me(Bill Bruford),Enigmatic Ocean(Jean-Luc Ponty),The Things You See(Gordon Beck),
Touchig On(John Stevens)がそれだ。

 1979年春のツアーのあと、アランはBrufordを脱退、ジャック・ブルース、ジョン・ハイズマンとの最高のバンドを結成するが、残念ながら作品化はなされていない。テープが存在するのならぜひ発掘して欲しい。その後、相性のいい相棒となるドラマーのゲイリー・ハズバンドと出会い、ニュークリアス時代のメンバー、デイヴ・マクレエ(kb)が参加して、自分のバンド、Allan Holdsworth & Friends を結成する。
 一方でジャズ系ギグも並行して行い、1980年、ゴードン・ベック〜ジェフ・クライン〜ゲイリー・ハスバンドとともに、日本でもヒットした Sunbird を録音する。またソフトマシーンのラストアルバム、 Land Of Cockayne にも参加している。

 1981年、ポール・カ−マイケル(b)ゲイリー・ハズバンド(ds)、ポール・ウイリアムスによるI.O.U.を結成。1982年、ついに待望のカリフォルニアへと移住する。ドラマーはハスバンドのほか、チャド・ワッカーマン、ヴィニー・コイヤタ、ベースにカーマイケルのほか、ジェフ・バーリン、ジミー・ジョンソンが参加、さらにキーボードはスティーブ・ハントが参加、80年代を通して多くのアルバムを自分名義で残している。Road Games(1983),Metal Fatigue(1985),Atavachron(1986),Sand(1987),Secrets(1989)。さらに1990年代に入っても、次々とアルバムをリリースする。Wardenclyffe Tower(1992),Just For The Curious-Instructional(1993),Hard Hat Area(1994),None To Soon(1996),I.O.U.Live(1997),The Sixteen Men Of Tain(1999)

 さらに2000年代に入っても活動は衰えず,Flat Tire(2001)に続いて、DVD作品、Live At The Galaxyを発表し、ますます超絶技巧健在振りを印象付けた。

 アラン・ホールズワースは当初からの卓越した技巧に加えてジャズ、ロックの両方の分野において活躍し両ジャンルにおける最高のギタリストとして、同郷のジョン・マクラフリンとともにギターファンの印象に残る偉大な存在だ。

%%message%%