CD

Black Gives Way To Blue

Alice In Chains (アリスインチェインズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP54384
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
期間限定盤

内容詳細

2006年、新ヴォーカルを迎えて復活した新生アリス・イン・チェインズの約14年ぶりとなるスタジオ録音アルバム。プロデュースは、フー・ファイターズやラッシュの作品を手がけたニック・ラスクリネスが担当している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
#1のイントロから「おおっ」と思い、#11で...

投稿日:2010/08/22 (日)

#1のイントロから「おおっ」と思い、#11ではメロディだけでもちょっと泣いてしまいました。”you”という歌詞は、どうしてもLayneを連想してしまいます。Jerryはさすがの貫禄ですし、新メンバーWilliamの声も結構好きです。

リモ吉 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
皆さんレインへのわだかまりがあるのか、文章...

投稿日:2009/11/16 (月)

皆さんレインへのわだかまりがあるのか、文章は高評価なのに「最高!」と評価していないことが余計に寂しく思います。そんなにもレインの亡霊を振り切れないのだろうか???

ダグラス さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
☆
Layne Staleyの死後、もうAlice in Chains...

投稿日:2009/11/11 (水)

Layne Staleyの死後、もうAlice in Chainsの新作を聴くことは出来ないのだろうな・・と思っていた人も少なく無いでしょう。私もそう思っていました。2006年にWilliam DuVallが新たなVoを加入させ、活動再開には嬉しく思っていたものの新作への期待は余り大きくありませんでした。しかし、まぁ、素晴らしいアルバムを作ってくれました。「再起」という言葉がぴったりだなと思います。アートワークからいうと「再鼓動」でしょうか。「All Secrets Known」を聴いた瞬間に復活を確信し、「Your Decision」で中盤にうねりを持たせ、「Black Gives Way To Blue」でスパッと終わるこのアルバムは、正直過去の傑作に肩を並べる作品だと思います。

メタリック さん | 東京都 | 不明

1

Alice In Chainsに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品